{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「ヒから始まる」 に関する病気 他の病気を検索

1〜20件を表示/全138件

病気一覧 (138件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
pie症候群という病気は、好酸球性肺炎とも呼ばれるものです。好酸球は、体内に入った異物を排除する働きを持った白血球の一つでこの好酸球によってこの病気は引き起こります。この病気は、軽症であれば自然に治癒...
bseは、牛海綿状脳症という名称で呼ばれています。簡潔に言うと、狂牛病の略称です。狂牛病というのは牛の脳の中に空洞が出来て、それがスポンジ状になってしまう病気の事を言うのです。狂牛病になった牛は脳障害...
bmiとはボディマス指数といって、人の肥満度を表す数字です。計算方法は体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)です。この数値が18.5未満だと低体重、18.5以上25未満だと普通体重、25以上だと肥満だと判断されま...
pmsとは月経前(主に2週間程前)から月経開始までに起こる月経起因のプレ・メンスチュアル・シンドロームの略称です。症状は下腹部痛や腹部膨満感から始まり、頭痛やホルモンバランスの崩れによる肌荒れ、精神状態...
b型肝炎は、急性肝炎の一種で、血液、体液で感染する病気です。肝臓に関わる為、黄疸、易疲労、易感染などが起こります。また、劇症化になりやすく、劇症化してしまうと肝臓の細胞は萎縮してしまい、元に戻ること...
B型肝炎はb型肝炎ウイルスが血液や体液を通して感染して起きる肝臓の病気のことです。感染した時期、感染したときの状態によって、一時期の感染で終わるものとほぼ生涯感染が継続するものとに別れます。思春期以...
ピーター・パン・シンドロームとは1970年代後半アメリカで誕生した言葉で、大人の年齢に達しているにもかかわらず精神的に大人になれず仲間に入ることができない男性を指す言葉です。<br />これはパーソナリティ...
ptsdは日本語で「心的外傷後ストレス障害」と言います。危うく死にそうになるような災害や事故に遭遇してしまう、幼児期に虐待を受ける、殺傷の現場を目撃するなどによって日常ではありえないほどの強烈なストレ...
ppaとは純型肺動脈閉鎖という病気の英語での略称名です。この病気は全先天性心疾患の一つで、チアノーゼ性心疾患でもあり、肺動脈弁が完全に閉鎖してしまっていることで心臓の右心室や肺動脈弁輪が小さくなり、血...
非アルコール性脂肪肝炎はアルコールを飲まないひとが発症する脂肪肝のことです。肝臓に必要以上に脂肪がたまることを脂肪肝といいます。自覚症状がないため、なかなか自分では気がつきにくいのですが、すでに1,0...
鼻咽腔炎という病気になると初期の段階だと、喉の痛みと喉の違和感を感じるようになります。中期になると発熱や咳などの症状が出ます。その後、高熱が出て嘔吐を繰り返すようになります。呼吸困難の症状も出ます...
昔の呼び名で非a非b型肝炎というもののほとんどが現在のC型肝炎です。血液感染を起こすので原因として考えられるのは、輸血、手術時、注射器の共用、針刺し事故などです。慢性肝炎となりやすく、5年から10年の時...
ピエール・ロバン症候群とは新生児に稀に起こる先天性で複合的な疾患です。主な症状としては小下顎症や下顎後退症、舌根沈下、気道閉塞がそろって見られます。その結果、呼吸困難が出生時からの最大の問題となり...
鼻炎とは、鼻腔粘膜の炎症のことを言います。くしゃみや鼻水、鼻づまりなどがおこります。これらは、アレルギーやウィルスの原因物質が鼻から体内にはいることにより、おこります。原因物質とは、花粉や塵、ほこ...
ビオチン欠乏症には、先天性のものと栄養性の2つがあります。先天性については、ビオチンをリサイクルするためのビオチニターゼが欠損しているためビオチンを再利用することができず欠乏してしまいます。先天性の...
事実ではないことを事実だと思ってしまう妄想。妄想の内容は様々ですが、自分が狙われていると感じるような妄想を被害妄想といいます。しかし妄想しているからといって、それがすぐ病気と結び合うわけではないで...
皮下気腫とは、皮下組織内に空気がたまって、柔らかくて弾力のある腫瘤となった状態のことです。<br />その空気が入る原因は、皮膚の外傷を通しての侵入や、損傷している壁側胸膜を通しての気胸の侵入などが挙げ...
被角血管腫とは、その表面が角化した状態が過剰に観察されるような血管腫を意味しています。この角化の過剰な状態が特徴的な病気なのですが、この病気にかかる人の年齢層を見てみると、若い人よりも高齢者に多く...
脳出血は、脳の出血する場所によって被殻出血、視床出血、脳幹出血、小脳出血の5種に分けられています。<br />中でも脳の中央にある「被殻」という場所から出血する被殻出血が脳出血の中でも一番多くみられ、脳出...
皮下血腫とは、強い打撲などで皮下組織の血管がつぶれたり切れたりして起こるものです。通常血管が切れた箇所は、血小板の作用で数分から数時間のうちにふさがり、出血も止まります。そして、出血した血液は血管...
1〜20件を表示/全138件