{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}
41〜60件を表示/全3,824件

病気一覧 (3,824件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
悪性貧血とはビタミンB12と葉酸が不足して起こる貧血のことです。<br />ビタミンB12が不足することによって、赤血球の前段階である赤芽球が作られずに巨赤芽球が骨髄の中に貯まっていくようになります。それによ...
悪性マラリアは世界中で発症しているマラリアの中でも危険度が高くて、命に関わる病気としてのマラリアの病気の種類です。マラリアは数種類に分けられますが、命に関わる危険性の高い種類が熱帯地方に住む悪性マ...
悪性リンパ腫とは、リンパ系組織から発生する悪性の腫瘍で白血病と同様に「血液のがん」と言われるものです。血液やリンパ液を通して容易に全身に進展し、リンパ節を中心に湿潤します。最も一般的な症状はリンパ...
あくびとは、眠気を感じたときなど反射的に深く息を吸う呼吸動作です。<br />眠たいときや疲れているときはもちろん、極度の緊張状態にいるときにも出ることがあります。その作用としては、眠たいときに一時的に...
アクロメガリーとは、脳下垂体にできた腫瘍から成長ホルモンが大量に分泌されることで引き起こされ、手足の肥大や、あごの突出、唇や鼻、舌などの軟部組織が大きくなってしまう病気です。脳下垂体にできる腫瘍は...
あざ(痣)は皮膚に現れる赤や青などの変色のことです。<br />皮膚の色素細胞の異常増殖や、皮膚の内出血によって、皮膚が赤紫色などに変色します。<br />色によって赤あざ、青あざ、茶あざ、黒あざなどと呼ばれ...
足関節捻挫とは、靭帯が引き延ばされてしまうような外的要因があった場合に足首をひねってしまうことによりおきてしまいます。軽度のものから重度ものまであり三段階にわけられます。この場合多く見られるものが...
アジソン病とは、副腎皮質ホルモンは生命の維持にとても必要なホルモンです。健康な人は、からだの状態に合わせて、適切に分泌されるホルモンです。しかし、副腎ホルモンが、何らかの理由により、上手く分泌する...
アシドーシスとは血液中の酸と塩基のバランスにおいて、酸の方が優位にある状態のことで血液pHが低下している状態です。塩基が少ないことから酸性血症ともいいます。<br />呼吸器の病気や呼吸中枢の機能が低下す...
足白癬とは白癬菌が足の皮膚や角質を侵食することによって炎症などが起きる感染症です。足の指や足の裏に水ぶくれや皮膚が剥けるなどの症状が知られており、一般的には「水虫」として認知されています。感染力が...
アストロウイルスは、感染性胃腸炎を起こす原因ウイルスで世界各国に分布しています。ロタウイルス、ノロウイルスに次いで高頻度にみられ、小児が感染の中心と考えられています。潜伏期間は1日から4日で、患者の...
アスピリンぜんそくとは、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬により引き起こされる喘息発作のことです。薬剤(風邪薬や解熱剤など)や食品に含まれる添加物(防腐剤や合成着色料など)が原因で発症します。原因...
アスベストとは石綿とも言われ耐熱性、耐久性などがすぐれていたので、昔は理科の実験用の金網に使われたり、天井の吹きつけや自動車のブレーキに使われていました。しかしながら繊維が大変細いために、吸引する...
アスペルガー症候群とは、発達障害の一つで、対人関係やコミュニケーションの障害と行動や興味の偏りが特徴です。自閉症スペクトラム症のうち、知能や言語に遅れのないものをいいます。<br />自閉症スペクトラム...
アスペルギルス症とはカビ菌が原因で発症する病気のことで、同じカビを取り込んでも発症しない方もいますが、人によっては咳に血が混ざったり、喘息などがおきたり、脳や肺、肝臓や腎臓の機能を低下させてしまう...
アセトアミノフェン中毒は、アセトアミノフェンが含まれている薬品を、何種類も服用する事により、過剰摂取となり、中毒を起こす状態のことです。アセトアミノフェンを過剰に摂取しても、症状がすぐ現れるわけで...
アセトン血性嘔吐症とは、尿中・血中ケトン体が増加したために起きる中毒症状です。2~10歳の小児によく見られるもので、自家中毒や周期性嘔吐症とも言われます。原因は、過労や精神的緊張、感染などです。症状と...
<p class="p1">アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症は、激しい嘔吐を数時間から数日間に渡り繰り返す疾患です。<br />2~8歳のやせ型体質で神経質な子どもに多く見られ、感冒や精神的ストレスにより食事を摂取...
汗疹は皮膚に関する一つの症状です。夏場や発熱したときに発生する肌に対する熱が、外部に対して上手く排出されなかったときに皮膚に現れます。主に紅い斑点が皮膚上に出てくるのですが、汗と相俟って痛みよりも...
あせもが長引いたり、治療が遅れて酷くなると、膿をもったおできになることがあります。また、膿をもつだけでなく赤み、ぶよぶよした腫れになり痛みを伴うこともあります。あせもは汗が溜まり閉塞したものですが...
41〜60件を表示/全3,824件