皮下血腫ヒカケッシュ

皮下血腫はどんな病気?
皮下血腫とは、強い打撲などで皮下組織の血管がつぶれたり切れたりして起こるものです。通常血管が切れた箇所は、血小板の作用で数分から数時間のうちにふさがり、出血も止まります。そして、出血した血液は血管に戻ることはないため、症状として現れます。また、皮下組織が柔らかい部分では広がりやすく、硬い部分では広がりにくい傾向があります。そしてほとんどの場合が、時間経過とともに自然に吸収され消えます。


皮下血腫の症状
皮下血腫の症状は、打ったり打撃を受けた部位が青または紫色に変色し痛みを伴います。関節部の打撃によって生じた場合は、関節を動かすたびに血腫が圧迫されて痛みを伴う場合があります。多くの場合はこの血腫は発熱も伴います。また、ここから外部の傷などによって重度になると皮膚下の血腫が化膿してしまい感染症を引き起こす場合があります。

皮下血腫の原因
皮下血腫の原因には血管の障害によってできたものと、血液の病気によってできたものがあります。血管の障害によってできるのはケガなどによるものです。この血腫は異常はなく、予後は一般的に良好といえます。血液の病気には白血病や再生不良性貧血、クッシング症候群などかあり、内臓疾患が要因となっています。また先天的な障害によってできることもあります。

皮下血腫の検査と診断
皮下血腫の検査方法とはどのようなものなのでしょうか。そのことについて以下に述べていきたいと思います。動脈や静脈からカテーテルを挿入し、様々な分析をする検査をします。右心カテーテルや左心カテーテルなどがあります。また、ほかにも出血状態の観察や家族歴から検査する方法があります。このような検査がありますので、ご心配の方はぜひ検査をされるのが良いです。

皮下血腫の治療方法
皮下血腫の治療法は、湿布を使用します。そして、血液の体内への吸収を促進するためには、温熱療法、電気治療がおこなわれ、ヒルドイド成分の入ったゲルを塗布します。そうした方法で経過を観察したのちに、出血量が多く局所的にたまっている場合であれば、皮下に溜っている血液を針でさして、体外に排出させたり、手術で血腫をとりのぞきます。

皮下血腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ