外傷ガイショウ

外傷はどんな病気?
外傷とは、外部から受けた要因によっておった怪我のことです。多くの人は経験したことがあります。転んでひざをすりむいたり、紙で指を切ってしまったりということも、小さいことではありますがふくまれます。病院へ行くときには、内科ではなく外科へ行くようにしましょう。火傷や縫わなくてはいけない傷なども外科へ行きましょう。傷跡が残ることもある傷です。


外傷の症状
外傷の症状とは一般的に他のものとあたったことによる、擦り傷や切り傷、刺傷や裂け傷といった1次元的、もしくは2次元的にからだの表面に対して起こる傷が多く、一般的には、体の内側が痛むようなものではありません。しかし、例外的に、青あざなどの打撲によってできるいわば3次元的な傷はこの傷に含まれるのですが、外部には出てきません。

外傷の原因
外傷の主な原因は外的な要員ですが、心的なもの、つまりトラウマに置いては大きなショックなどが要員としてあげられます。外的な要因の一つである機能的要員に置いては、1次元的なものとして刃物などによる損傷、皮膚が2方向から引っ張られることで裂ける損傷などがあります。2次元的なものとして摩擦による損傷、3次元的なものとして銃弾や爆発などによる損傷があります。このようにたくさんの要員が存在します。

外傷の検査と診断
外傷の検査方法は、一般的には視診によって行われることが殆どです。きちんと医師が観察することで、いったいどのような傷になっているのか、そうしたところが細かく判断できるからです。もうひとつはレントゲンによる検査で、とくに大きな傷の場合には、そうした検査を施さないと内部におけるいろいろな物質の存在について感知することができないからです。

外傷の治療方法
軽い出血を起こした程度の外傷なら、アルコールで消毒をして患部に菌が入らないように包帯を巻いておけば、治療を済ませることが出来ます。深い傷が付いている時は、外科に通って傷を縫い合わせる手術を受ける事で傷を治すことが出来ます。傷による発熱がある場合は、抗生物質を飲む治療法で発熱や悪寒を緩和させる事が出来ます。抗生物質を飲めば、傷の疼きを治すことが可能です。

外傷の初診に適した診療科目

外傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ