開放骨折 (複雑骨折)カイホウセイコッセツ (フクザツコッセツ)

開放骨折 (複雑骨折)はどんな病気?
開放骨折とは、従来は複雑骨折といわれていたもので、骨折した部分の骨が体外に飛び出ている状態のことをいいます。

この場合、露出したことにより、骨折部に細菌が感染してしまう可能性があるので、感染に対する治療もしなければならなく、治療は単純な骨折よりも複雑になります。

普段は見ることのない骨を直に見てしまうため、骨折者が動揺してしまうときもあるので、注意が必要です。


開放骨折 (複雑骨折)の症状
開放骨折とは骨折の中でも最も重い症状であり、骨折した骨部位が体外に飛び出している状態を指します。

一般に複雑骨折と呼ばれるものはこの別名です。

主に強い衝撃が加わる交通事故や転落事故により起こり易い骨折の程度です。

これらの治療は一般の骨折と比較すると複雑で手間を要し、骨折部位の癒着治癒に加え開放部の感染防止や複雑な筋骨格系の復元も行わなくてはなりません。

開放骨折 (複雑骨折)の原因
開放骨折は複雑骨折や開放性骨折とも呼ばれる、骨折の中でもかなり厄介な骨折です。

この骨折が起こってしまう原因は、スポーツや過度のトレーニングによる疲労骨折とは違い、スポーツや交通事故、日常生活の中で、強い衝撃を受ける事により骨折してしまいます。

皮膚・筋肉・血管にも損傷を与え、骨が外部に飛び出してしまう為、細菌感染を起こしてしまう事もあります。

開放骨折 (複雑骨折)の検査と診断
骨折と一言でいてもいろいろな種類がありますが、その中の一つの種類である開放骨折が起こっているかどうかを調べるための検査方法がいくつか存在します。

ほとんどの骨折の場合は、それが開放した状態であるかどうかは、目で見て判断することができます。

つまりは目視による検査が可能であるということです。この方法が単純でしかも一番確実な方法です。

開放骨折 (複雑骨折)の治療方法
開放骨折の治療法は、手術で行います。

骨折の治療だけでなく、肉体の治療も行う必要があり、複雑な手術となる傾向にあります。また感染症の可能性もあるため、感染の治療も行ったほうが良いです。

骨折には種類があるため、手術の過程は異なる傾向にありますし、手術時間や回復時間にも差が出やすいです。

場合によっては、骨と骨をボルトで固定する必要があります。

開放骨折 (複雑骨折)の初診に適した診療科目

開放骨折 (複雑骨折)の専門外来

開放骨折 (複雑骨折)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ