圧迫骨折アッパクコッセツ

圧迫骨折はどんな病気?
圧迫骨折がおきやすい部位としては、腰椎であったり胸椎などの部分に多くみられます。この部分が圧迫されてしまい骨折をしていってしまいます。高齢者の方に多く見られるもので骨粗鬆症が原因になっていくものですので骨折の対策をするというよりはことらの対策をしていく事がとても大事になってくることになっていきます。また姿勢も大事になります。


圧迫骨折の症状
圧迫骨折の症状は骨折した部分がくさび形になるのが特徴で、患部に痺れや麻痺が起こります。軽い刺激や力で骨が折れる状態になっているため骨の密度が低い状態ですが、骨が折れてしまうと激しい痛みに苦しまされ、少し患部を動かすと痛みが起きるので寝返りをうつのも困難になるのです。骨折した場所が肋骨だと呼吸するたびに痛みが走り、息をするのもむずかすくなります。

圧迫骨折の原因
圧迫骨折の原因は、外部からダメージ、あるいは椎骨が弱くなるといったものがあります。外部からのダメージの場合は、物理的な圧力が重度にかかっておきるケースが多いです。椎骨が弱くなるケースというのは、骨に小さな穴ができた状態であったり、感染によって骨が弱くなるなどの理由があります。外部からは骨の状態はわかりにくいため、把握しにくいケースが多いです。

圧迫骨折の検査と診断
圧迫骨折の基本的な検査方法はX線検査です。X線撮影の側面様を見ると、脊椎の椎体前方が楔形がつぶれたような形になっているかどうかで診断されます。しかし、がんなどの悪性腫瘍が転移して起こる場合もあるので注意が必要になります。それでも怪しい場合には血液検査やCT、MRIを用いた検査を行っていくことで、診断を確定させています。

圧迫骨折の治療方法
圧迫骨折の治療法には、安静療法と手術療法があります。それほど、重い骨折ではないという場合には安静療法を用いるほうが、体への負担が少なくてすみます。その場合は、手術療法より、長い時間をとり、骨折部位を治療していきます。手術療法では、骨の内部にセメントを流し込みます。手術に要する時間は長くはないものの、手術後のケアに気をつけなくてはならず、体には負担がかかります。

圧迫骨折の初診に適した診療科目

圧迫骨折の専門外来

圧迫骨折に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ