剥離骨折(指・肘)ハクリコッセツ ユビ ヒジ

剥離骨折(指・肘)はどんな病気?
剥離骨折とは、骨が筋肉によって引っ張られて骨折をしてしまうことです。また、このような症状が起きる原因とは、骨の強さなどが弱くなったために起きる傾向にあります。このため、運動やカルシウムなどの栄養分などを摂ることによって、骨を強くする必要があります。また、ギブスなどを使用し、それらの骨を固定し安静にするなどして治す必要があります。

剥離骨折(指・肘)の症状
通常、骨折といえば、その箇所を動かすこともできないほどの激しい痛みを伴います。しかし剥離骨折は、骨が折れるというより剥がれるような状態になります。動かすこともできるので、捻挫や突き指と勘違いされることもあります。その症状は筋肉が急激に収縮し、腱や靭帯に強い力が加わり、それらが切れる代わりに骨との接合部が剥がれてしまうことによります。

剥離骨折(指・肘)の原因
剥離骨折はプロスポーツ選手など、ある一定の運動を継続的に行うことや事故をその原因として発生するものです。多発する部位はプロスポーツ選手が酷使することが多いひじやひざのほか、足の甲などのも発生します。骨折ほどではないものの痛みを伴うため、精密検査を受けて確定診断がなされるケースが多い傷病です。治療法は通常の骨折と同じく患部の固定と安静です。

剥離骨折(指・肘)の検査と診断
骨に対して外からの力が直接働かずに、筋、腱、靭帯などがひっぱられて起きるような、剥離骨折は、ほとんどの場合の検査方法は、まずは患者さんに問診をして、経緯を知り、次に触診によって或る程度は診断し、x腺、CTなどで検査します。場合によっては、一週間ぐらいx腺診断を繰替えさなければならなかったり、MRI検査が必要になるようなケースもあります。

剥離骨折(指・肘)の治療方法
剥離骨折の治療法は、安静にすることと、鎮痛剤や場合によっては手術によって骨を固定します。患部を安定させて、骨折箇所が自然治癒するのを待ちます。運動を控えて、自然治癒するのを促します。また、非ステロイド消炎鎮痛薬を投薬します。病状によって必要である場合には、手術によって剥離した骨片を固定器具を用いて元の場所へと固定します。

剥離骨折(指・肘)の初診に適した診療科目

剥離骨折(指・肘)の専門外来

剥離骨折(指・肘)に関する書籍はこちら

スポンサーリンク
剥離骨折(指・肘)の治療・診断をご希望される方へ最適な病院・クリニック・診療所をおすすめします。
剥離骨折(指・肘)に関する病院・クリニック・診療所は以下の診療科目からお探しください!
病院検索ホスピタ【HOSPITA】なら、現在診療中の病院・クリニックがすぐにわかるため、安心してご利用いただけます。

この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ