粉砕骨折フンサイコッセツ

粉砕骨折はどんな病気?
「骨折」といってもいくつかの種類があり、ごく小さな骨折から命に関わるものまであります。その原因や症状により病名が分けられており、その中で「粉砕骨折」という骨折があります。これはその名前の通り骨が砕けてしまう骨折です。骨が弱くなっている骨粗しょう症の人に起こりやすく、また外部から骨に大きな衝撃があった場合などでも発症します。


粉砕骨折の症状
粉砕骨折の症状とは、骨が粉々に砕けたことを指しています。そもそも、骨折とは、骨が折れたり、ヒビが入ることを言います。足は、とてもたくさんの血管があるので、骨折により、痛みを伴います。また、動かすことにより、神経を刺激して痛みや炎症をおこします。また、炎症により、はれあがり、靴などを履くことが困難になる場合もあります。場合により、靴下を履くことが困難になる場合もあります。

粉砕骨折の原因
粉砕骨折の原因は外部からの強い衝撃によるものです。激しいスポーツの場合、身体に強い衝撃が加わることがあります。また、交通事故等の場合も同様に身体に衝撃を与えます。さらにカルシウムが不足する事により、骨密度は下がります。骨密度は歳を重ねる毎に徐々に低下していきます。骨密度が低下する事で骨の強度は下がり、結果的に骨折の危険性を高めます。

粉砕骨折の検査と診断
粉砕骨折の検査方法は、レントゲンが一般的です。レントゲンの前に医師が、皮膚の上から診断することもありますが、具体的にはレントゲンで検査することが多いです。また開放骨折の場合は、目で見て判断可能な場合があります。ただしどの程度の骨折なのかは、やはりレントゲンで確かめることになります。検査の過程が異なるだけで、最終的なやり方は同じであるといえます。

粉砕骨折の治療方法
スポーツや交通事故の原因で粉砕骨折の疑いがある場合は、患部を木材の板を使って固定します。木材の板の内側に布製のものを当てて、出来るだけ同じ体勢にして整形外科の診察を受けます。治療法としては、骨折している所を正常な状態につなぎ合わせる手術を行います。手術は一回だけではつなぎ合わせる事が困難なので、何度か手術を行う事になります。

粉砕骨折の初診に適した診療科目

粉砕骨折の専門外来

粉砕骨折に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ