血腫ケッシュ

血腫はどんな病気?
血腫とは血管から出血した血液が、体外に出ずに体内の組織内に溜まって排出されない状態のことをいいます。内出血をするとあざができますが、あざもこれの一種です。脳の血管から出血して、脳の中に血液が溜まる症状を脳出血といいますが、脳出血もこれの一種です。くも膜下出血など、脳でできるものは命にかかわる症状ですので、すぐに病院に行って治療を受けることが必要です。


血腫の症状
血腫とは、血管が切れたために血液が皮膚の中で止まり塊などが発生する症状であり、極めて危険なことが特徴です。このため、これらのことが起きた場合には、血管が詰まっているために血液に流れなどが悪くなるために、貧血や呼吸困難などを引き起こすことがあります。このため、病院に通い医者に適切な診断方法などを行ってもらう必要があります。

血腫の原因
口腔内血腫は、硬い食べ物やかけた歯が当たったり、自分で舌を噛んだりしてしまうことが原因です。しかし、頻繁に何度もできたり、手や足などの口腔以外にもできるとなると、血小板や血液凝固因子や血管の異常による血液疾患が関係している可能性があります。例えば、特発性血小板減少性紫班病や再生不良性貧血などが可能性として挙げられます。

血腫の検査と診断
慢性硬膜下血腫は数か月以内に頭部外傷経験、頭痛、片麻痺(歩行障害、上肢の脱力など)、記憶力低下、意識減退、痴呆などのいずれかの症状がある場合はこの病気の可能性が高くなります。検査方法は、通常の頭部単純X線撮影では慢性化し石灰化した本病以外の特定は不可能となります。確実な診断をするにはCT検査が必要不可欠になります。それに加えて脳血管撮影とMRIがあります。

血腫の治療方法
ここでは、血腫の治療法についてご紹介します。そもそもこれには、急性のものと慢性のものがあります。順次見ていくことにしましょう。急性のものについては、腫瘍の大きさによって緊急性が異なります。大きさが小さければ薬物療法を行い、大きければ緊急の手術が行われます。慢性のものについては、通常は体の一部分に麻酔して手術を行います。

血腫の初診に適した診療科目

血腫の専門外来

血腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ