{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「足・足の指・脚が痛い」 に関する病気 他の病気を検索

1〜20件を表示/全136件

病気一覧 (136件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
アキレス腱自体はパラテノンと呼ばれる薄い膜で覆われていますが、この部分に炎症を生じることをアキレス腱周囲炎と言います。<br />またアキレス腱炎と同時に発症することも多く、厳密に区別するのは難しい事も...
<p dir="ltr">アキレス腱断裂は、激しいスポーツなどの際に生じることがあります。アキレス腱の柔軟性不足や、瞬発力を要する動作等で発生しやすく、受傷直後から歩行が困難となります。アキレス腱断裂後は、患部...
足関節捻挫とは、靭帯が引き延ばされてしまうような外的要因があった場合に足首をひねってしまうことによりおきてしまいます。軽度のものから重度ものまであり三段階にわけられます。この場合多く見られるものが...
「イートン・ランバート症候群(筋無力症症候群)」とは、神経末端にあるアセチルコリンを放出する部位に対する抗体ができ、充分な量のアセチルコリンを放出できなくなる事により引き起こされる病気です。肺がんや...
遺伝性痙性対まひとは、痙縮を伴って筋力の低下が徐々に脚部にあらわれるごく稀におこる遺伝性の病気です。どの年齢からでも発症する可能性があり、過剰な反射、痙攣、麻痺がおこるために歩行が困難となってきま...
打ち身というのは、主に皮膚組織にダメージが生まれた状態のことです。<br />打撲と言われることもあり、身体の一部が何かにぶつかったり、バランスをくずしてこけた場合に発生しやすいです。切り傷とは区別され...
大動脈解離とはDeBakey分類とStanford分類があり、今回はStanford分類のA型大動脈解離について説明します。A型大動脈解離とは大動脈のなかでも上行大動脈といった部位に解離がおよぶものを指します。上行大動脈は...
O脚とは、正式には内半膝と言います。両脚が少し外側に向いているため、立ったときに膝と膝との間があいており、Oのように見えることからそう呼ばれています。<br />両方の足首をつけて立ち、成人の指が3本異常入...
オーバーユース症候群とは、使い過ぎによって筋肉をはじめとした運動器が炎症や痛みを生じることです。筋肉のほかにも腱や靭帯などの炎症や損傷が考えられます。多くの場合は、過剰なスポーツ活動やトレーニング...
凹足とは土踏まずが極端に上がりすぎていて甲高になっている状態のことを言います。単なる足の変形だけでなく筋ジストロフィーという病気にもみられる症状です。筋肉の釣り合いが取れていない事によって突然起こ...
<p dir="ltr">すねの骨(脛骨)の、膝のすぐ下に張り出している部分(脛骨結節部)が腫れて、痛みが生じる成長期のスポーツ障害です。子どもの脛骨結節には成長線があり、成長線は軟骨なので外力に弱い部分となります...
外傷とは、外部から受けた要因によっておった怪我のことです。多くの人は経験したことがあります。転んでひざをすりむいたり、紙で指を切ってしまったりということも、小さいことではありますがふくまれます。病...
外反膝とは、膝関節が外反している、つまり外側に沿っているような状態を意味します。外反の程度が軽い場合などは、特に問題が生じることはありませんが、重度の外反の場合などは、歩いたり走ったりするときなど...
外反扁平足とは、足の裏に土踏まずがなく、尚且つ踵の骨の部分が垂直になっておらず、ハの字のように内側に倒れこんでいるような状態のことを指します。主な原因としては骨格上の問題など、先天性のものがほとん...
<p dir="ltr">外反母趾とは母趾の変形であり、とくに女性に多い疾患です。ハイヒールといった不適切な靴の使用が要因としては大きいです。いかに外反母趾にならないように予防するかも大切ですが、一度外反母趾に...
開放骨折とは、従来は複雑骨折といわれていたもので、骨折した部分の骨が体外に飛び出ている状態のことをいいます。<br /><br />この場合、露出したことにより、骨折部に細菌が感染してしまう可能性があるので、...
<p class="p1">鵞<span style="line-height: 1.6;">足炎は野球、サッカーなどによく見られるスポーツ障害で、膝の内側の腱が集中する場所に炎症が起きる症状です。主な原因は膝の使い過ぎです。筋肉が疲労により...
下腿骨骨折とは、膝から下の部分を構成する下腿の骨が折れてしまうことを意味します。下腿の骨には2種類あります。脛骨と腓骨ですが、どちらが骨折した場合でも下腿骨折と呼ぶことができます。骨折の中では比較的...
滑液包炎は足首に症状が現れることが多いです。<br />足首の関節の前方にある滑液包と呼ばれる部分に炎症がおこり、腫れや痛みを感じる病気です。<br />治療としては、普段の生活から症状のある部分をこする動作...
滑膜ひだ障害とは胎生期に作られた滑膜ひだが膝に残り、痛みや違和感を覚えるようになる症状のことです。滑膜タナと呼ばれるものが体質的に分厚かったり大きい場合、運動時に膝の間に挟まったり突っ張ることによ...
1〜20件を表示/全136件