心室性不整脈シンシツセイフセイミャク

心室性不整脈はどんな病気?
不整脈は、刺激伝導系から固有心筋への興奮伝導の異常や興奮発生の異常によって発生する脈拍の異常病態をいいます。また、その異常が心室に現れ、不整脈を起こすものを心室性不整脈といいます。不整脈は一般に頻脈と徐脈に分けられます。心室性の頻脈の分類として、心室期外収縮、心室頻拍、心室細動があり、徐脈は、房室ブロック、洞不全症候群があります。


心室性不整脈の症状
心室性不整脈の症状は、まず脈が飛ぶ(期外収縮)、そして脈が早くなる(頻脈)、があります。脈拍のリズムを常に把握し、異常の早期発見に努めます。不整脈による循環動態の変化で、脳に循環動態が起こり、めまい、痙攣、失神をきした場合をアダムス・ストークス症候群と言います。特に心疾患がすでにある高齢者は、この症候群が見られた時は重篤になるケースが多いです。

心室性不整脈の原因
心室性不整脈は、基本周期より早く余計な拍脈を生じさせることから発症します。主な原因としては、睡眠不足や過労、精神的・心身的ストレス、カフェインやたば、アルコールなどの大量摂取が引き起こすとされています。また、心臓に影響を与える薬剤などによって誘発され、心室肥大を起こす心不全などの疾患によっても引き起こされる場合があります。

心室性不整脈の検査と診断
心室性不整脈の検査方法は、心電図による検査です。心電図は、心音、心雑音、頸動静脈の拍動、心尖の拍動をグラフ化したもので、心臓全体の異常を発見することができるといわれています。その心電図検査で、主に心室の興奮時に生じるQRS波と呼ばれる波形を中心に観察されます。QRS波が異常なまでに広がったものや、連続して出現する場合や、全くQRS波がみられない場合など本病であることを疑います。

心室性不整脈の治療方法
心室性不整脈とは心室が原因で心臓に規則正しく走る微弱な電気の流れの乱れを総称していいます。原因としては最も多いのが心臓の病気がある場合で、心筋梗塞、狭心症、心不全などです。検査と診断は、自覚症状がある場合は直ぐ発見出来るのですが、ない場合は健康診断にて見つかります。治療法は不要なものもありますが、命にかかわる場合のものは不整脈専門の外来を直ぐに受診することをお薦めします。

心室性不整脈の初診に適した診療科目

心室性不整脈の専門外来

心室性不整脈に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ