皮膚腫瘍ヒフシュヨウ

皮膚腫瘍はどんな病気?
皮膚腫瘍とは、皮膚にできものなどができることであり、体の一部が病的に変化したものであり、放置しておくと危険です。このため、このような症状が起きた場合には、速やかに病院に通って治療を受ける必要があります。また、このような腫瘍を残しておくと体内に入り危険な状態になるために、早めに除去してもらうことが必要であり、きちんとした対策を行う必要があります。


皮膚腫瘍の症状
皮膚腫瘍ができると、皮膚を構成するたくさんの細胞の中の一部が異常をきたして、破壊され、硬いしこりのようなものができたり、手指に生じた場合、それが良性でも神経のしびれや痛みを伴うことが、多くあります。特に悪性腫瘍の場合、潰瘍がなかなか治らなかったり、急激に大きくなったり、他の組織との癒着、出血や悪臭がするなどの症状がみられることがあるので、その場合は、直ちに医師の診察を受けることをおすすめします。

皮膚腫瘍の原因
皮膚腫瘍は、紫外線といった外的な刺激によって引き起こされます。この病気は、紫外線を過度に浴びるといった外的な刺激が原因となって引き起こされるのです。また、やけどの後の瘢痕やヒ素等の化学物質に長期暴露した際にもこの病気が引き起こされる可能性は高まるとされています。上述したことからも分かるように、この病気は外的な刺激によって引き起こされるのです。

皮膚腫瘍の検査と診断
皮膚腫瘍は、基本的に手術で切断してから、その組織を調べ良性か悪性かを判断します。この際、腫瘍の種類によって切断方法を工夫するので、中には、レーザーや液体窒素を使うものもあります。最近では、ダーマスコピーと呼ばれる特殊なルーペを使うことによって、切断せずとも良性・悪性がわかるようになりました。皮膚より深いところにあるものの検査方法は、MRIやCTといった機械を用います。

皮膚腫瘍の治療方法
皮膚腫瘍の治療法で一般的なのは手術での摘出です。一般的に皮膚にできやすいイボや粉瘤は、感染が広がっていない部分から手術で摘出する事になります。患部をメスで切開し、腫瘍を丸ごと摘出します。摘出後は、傷が残らないよう縫合して終了となります。腫瘍の中には悪性タイプの腫瘍もあります。普段とは様子が違うデキモノ、腫瘍、イボなどが皮膚に現れたら迷わず皮膚科で診療を受けるよう心がけましょう。

皮膚腫瘍の初診に適した診療科目

皮膚腫瘍の専門外来

皮膚腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ