血小板減少症ケッショウバンゲンショウショウ

血小板減少症はどんな病気?
血小板減少症は、血液中の血小板が何らかの原因で極端に減少していくことで、小さな傷でも出血しやすくなったりさらに少なくなると傷がなくとも出血することもあり危険です。
骨髄が血小板を生産しなくなっていたり、ウィルスへの感染が原因となる場合もあります。血小板が過剰に破壊される病気もあります。
重大な病気の可能性もあるので詳しく検査を受け適切な治療が必要です。


血小板減少症の症状
血小板減少症とは、人間に血液中に含まれる血小板があらゆる要因によって極端に少なくなる病気です。
血小板の役割は、擦り傷で皮膚から血液が流れる事を食い止める役割があります。血小板が少ない状態での症状として、はじめのうちは皮膚の内出血がみられます。歯茎や鼻から出血する場合や、便や尿に血液が認められる場合があります。また、出血が止まりにくくなります。
血小板の減少が進むと、こうした出血傾向が悪化し、ひどい時には外傷がなくても生命を脅かす脳内出血を起こしたりします。

血小板減少症の原因
血小板減少症の原因は、ウイルス感染などです。ウイルスに感染したり、あるいは薬物中毒や白血病、また自己免疫に問題がある場合に、血液中にある血小板が著しく減少する現象が起きます。
さらにこうしたウイルスや病気の要因の他にも、薬物やワクチンなどの摂取が引き金となって、血小板の著しい減少を引き起こすといったような場合もあります。

血小板減少症の検査と診断
血小板減少症の検査方法は、血液検査により血小板数を検査します。血小板数が減少していても、尿素窒素とクレアチニンの値が高く、腎機能が低下していることが明らかであれば、溶血性尿毒症症候群と診断されます。
血液を顕微鏡で観察するか、血小板数自動計測装置で定期的に測定すると重症度がわかります。
更に詳しく検査するために、骨髄の組織を採取して顕微鏡検査することもあります。

血小板減少症の治療方法
血小板減少症の治療は原因に応じて行われます。多くの場合、原因を取り除くことによって、血小板減少症も解消されます。
薬による血小板減少症では、その薬の使用を中止します。
急性の場合には免疫抑制剤としてステロイドが投与されることが多く、重度の症状の時は、脾臓を摘出する治療法が行われることもあります。

血小板減少症の初診に適した診療科目

血小板減少症の専門外来

血小板減少症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ