腫瘍シュヨウ

腫瘍はどんな病気?
腫瘍とは、組織や細胞の制御に反して塊として触れたり、色が違っていたり、そうでないものも含めて、自発的に増殖したものをいいます。病理学的には新生物と同類のものです。悪性や、良性、また生まれつきにできているものもあります。形も平らなもの盛り上がったものすべて含んでの総称です。形成学的には主に、体の表面に近い部分、皮膚や、脂肪、筋肉に出来たもの扱います。


腫瘍の症状
消化器官に腫瘍、つまりがん細胞ができた場合は、初期の段階では体に大きな変化は見られませんが、がん細胞が大きくなってくると体重が激減してくることが知られています。がんが進行した場合の症状の多くが、体重が激減してくることが上げられ消化器官の場合は食欲がなくなり、下痢や嘔吐を多発することが主な兆候として医学的に知られています。

腫瘍の原因
腫瘍が発生するのは細胞のDNAの一部が幾重にも変異し、積み重なるからです、その原因となるものは幾つもありますし、解明されていないメカニズムもあります。例えば前々から話題になっている生活習慣に関与するものも多くあります。喫煙は肺がんの元になることはよく聞くと思います、また食生活の乱れも乳房や前立腺、大腸のがんを引き起こす事があります。

腫瘍の検査と診断
腫瘍マーカーと呼ばれるガンを誘発するこの物質の量を測定し、超音波検査やX線、CT、血管造形なども考慮して判断します。マーカーは血清にモノクローム抗体という試薬を加えるとマーカーと結合する性質があるのでその結び付いた量が一定基準値を越えた場合にガンと診断されます。なので一般的な検査方法は血液検査です。まれに尿検査がある場合もあります。

腫瘍の治療方法
腫瘍の治療法はその性質によって大きく異なるが良性などでは日帰りで内視鏡の手術だけで終わるようなものから悪性などはがんと診断され放射線治療や抗がん剤治療などが施されるが大概は摘出手術で終わらせることが一般的です。また化学療法などもありますが良性場合はそのまま放置していても特に問題はありませんが少しでもしこりが大きくなってきた場合は取り除く手術をしましょう。

腫瘍の初診に適した診療科目

腫瘍の専門外来

腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ