真性多血症シンセイタケツショウ

真性多血症はどんな病気?
真性多血症という病気は、全ての血液細胞のもととなる細胞である造血幹細胞に後天的な遺伝子異常が起こることで腫瘍化し、白血球や血小板の増加や赤血球の増加が顕著な血液腫瘍疾患の一つです。この病気は、顔が赤くなったりめまいや耳鳴りが起きたり、寝汗や体重が減少することもあります。その他にも脳梗塞や心筋梗塞などといった症状を合併することもあります。


真性多血症の症状
真性多血症については、これを直接的にひきおこす病気の種類によってその症状は様々であると考えられています。視覚に問題が発生することもあれば、口の中や皮膚などにトラブルが起こることもあります。赤血球が多くなることによってさまざまな弊害が起こってくるわけですから、これを阻害することによってそれらの現象も改善すると考えられています。

真性多血症の原因
真性多血症の原因は、遺伝子に起因する造血幹細胞の異常によって引き起こされるものです。JAK2という遺伝子に異常が見られる場合、この病気の発症が引き起こされると考えられます。ただし、この遺伝子異常は遺伝性のものではありません。造血幹細胞が異常を示すことにより、赤血球の数が増加し、病状を発症させる慢性の骨髄増殖性疾患です。

真性多血症の検査と診断
真性多血症の検査方法は、主に血液検査が利用されています。血液を採取してみて、赤血球の含有量が明らかに異常になっていることで判明します。含有量が一般的な基準を大きく超えて上昇していることで、この病気を診断することができます。とくに白血球や血小板やビタミンといったものが連動的に増加していますから、その傾向もまた検査の重要なポイントとなっています。

真性多血症の治療方法
瀉血治療を受けることで、真性多血症を効果的に治すことが出来ます。瀉血治療の受けると病気に侵された血液を排除することが出来るので、頭痛や吐き気などの症状を緩和させる事が出来ます。ハイドロキシウレアという薬品を投与する治療法で、血小板の数を増やして病気を治療することが出来ます。血小板を増やすことが出来るので、貧血で倒れる事がなくなります。

真性多血症の初診に適した診療科目

真性多血症の専門外来

真性多血症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ