ホットドッグ頭痛ホットドッグズツウ

ホットドッグ頭痛はどんな病気?
ホットドッグ頭痛とは、名前の通り、ホットドッグを食べた後に起こりやすい頭痛のことを言います。ソーセージ等の食肉製品に含まれている発色・防腐剤(亜硝酸塩)には血管を拡張させる働きがあり、それが原因でズキズキとした頭痛が起こると考えられます。海外では日本よりも多くの亜硝酸塩が食品に使われているため、ホットドッグ頭痛が起こりやすいと言われています。


ホットドッグ頭痛の症状
ホットドッグ頭痛とは、ハム・ソーセージに含まれる亜硝酸塩より引き起こされる頭痛で、ズキズキとした頭の痛みが症状として現れます。亜硝酸塩は防腐剤としてハムやソーセージに含まれており、摂取する事で血管が広げられ頭痛を引き起こします。日本では亜硝酸塩の含有量が規制されている為あまり見られない症状ですが、海外では起こる可能性があります。

ホットドッグ頭痛の原因
ホットドッグ頭痛の原因は、ホットドッグに入っているソーセージに、防腐剤として使われている亜硝酸塩です。この亜硝酸塩には、血管の拡張作用があり、この作用が強く出てしまう体質の人は、これが原因で、ホットドッグを食べることにより頭痛を起こします。亜硝酸塩は外国産のソーセージやハムに多く含まれているため、海外旅行に行った際にその場でそうしたものを食べたことが原因となることもあります。

ホットドッグ頭痛の検査と診断
ホットドッグ頭痛の検査方法にはまず一般的な頭痛の検査をします。頭痛と診断するため、いつ、どんな時に起こり、どれくらいの頻度で、どのような痛みなのかなど医師とのカウンセリングで頭痛の種類を調べます。その後、脳の異常を調べるためにCTスキャンやMRIを用いた検査や、血液検査、レントゲンなどの検査も行われる場合もあります。頭痛というのは種類も多く個人差もあるため一つずつ調べていく必要があります。

ホットドッグ頭痛の治療方法
ホットドッグ頭痛の治療法では通常頭痛薬の摂取によって症状は緩和されますが、薬の摂取だけでは根本的な解決方法とはなりません。まず充分な睡眠によって症状は緩和されます。次に発症時には音や光に敏感になる為部屋を暗く静かにします。また痛む場所を冷やすことによって血管の拡張を抑え痛みを取る事が出来ます。更に痛みを持つ方のこめかみを圧迫することでも血管を縮小させ痛みが緩和されます。

ホットドッグ頭痛の初診に適した診療科目

ホットドッグ頭痛の専門外来

関連部位から他の病名を探す

ホットドッグ頭痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ