後天性眼瞼下垂コウテンセイガンケンカスイ

後天性眼瞼下垂はどんな病気?
まぶたが瞳孔を覆う状態の眼瞼下垂のうち、眼球の周りの神経麻痺や筋無力症、腱膜の異常などが原因で起こるものを後天性眼瞼下垂とよびます。その他にも加齢や白内障手術、コンタクトレンズ長期装用なども原因になりえます。若い人でも花粉症やアトピー性皮膚炎、逆さまつげの人はよく目をこするので後天性眼瞼下垂になりやすい傾向にあります。


後天性眼瞼下垂の症状
後天性眼瞼下垂の症状は主にもともと開いていた瞼が加齢とともに下がり、外見上目が細くなってしまったり、目を開けている状態なのが疲れるといった症状があります。加齢によるものだけではなく、ハードコンタクトレンズを長期装用することでも発症する場合があります。また、そのような状態を放置することで、眠れない、肩がこる、頭痛がするといった症状もあらわれます。

後天性眼瞼下垂の原因
後天性眼瞼下垂は生まれつきではなく、日常生活を送るうちに起きてきます。これは、目の神経や交感神経と、目や瞼のを動かしている筋肉、また腱膜が原因で起こることが多いです。詳しい日常生活の動作をいうと、目がかゆいためひっきりなしに目をこすってしまう、逆さまつ毛のために目が痛くて、目に力を入れてつぶることが多いなどを続けていると後天性眼瞼下垂になる原因となります。

後天性眼瞼下垂の検査と診断
後天性眼瞼下垂とは、外傷、腫瘍などが原因の動眼神経の障害、瞼板筋麻痺が原因の頸部交感神経障害やホルネル症候群、筋肉の異常が原因の外眼筋ミオパチーや重症筋無力症の発症により、上眼瞼の挙上障害が起こり、瞼裂縦径が狭小している状態です。検査方法は、、MRIなどによる画像診断、抗コリンエステラーゼ薬の点眼試験など原因疾患により様々です。治療法も原因疾患により異なり、点眼、手術を必要とする場合もあります。

後天性眼瞼下垂の治療方法
後天性眼瞼下垂は、手術による治療法で改善します。手術は通常、眼科にて瞼を切開して、問題となっている部分を再度接合して後天性眼瞼下垂を改善させる方法を行いますが、美容外科などでは、切開手術により生じる傷を目立たせなくすることを目的に、瞼を切開せずに、眼の裏側から糸だけで後天性眼瞼下垂の改善を行う治療法を確立している所もあります。

後天性眼瞼下垂の初診に適した診療科目

後天性眼瞼下垂の専門外来

関連部位から他の病名を探す

後天性眼瞼下垂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ