変視症ヘンシショウ

変視症はどんな病気?
網膜がゆがんだり、はがれていたり、変形があったりして、物がゆがんで見える症状を、変視症といいます。若年者では、網膜剥離、中心性網脈絡膜症、近視性新生血管黄斑症の際によく見られます。老人では、加齢黄斑変性や、黄斑円孔が考えられます。過労やストレスを抱えている人に発症しやすいので、治療後も再発を防ぐため心身のストレスを避け、規則正しい生活を心がけます。


変視症の症状
変視症は、物が歪んで見えたり、吸い込まれるように見えたり、物が波打って見えたりします。同時に視力が低下したり、視野に虫食いのように見えない文部分が出てきたりすることもあります。物の大小が実際と異なって見える場合もあるので、日常生活に支障が出てしまう場合もあります。網膜の黄斑部にむくみや剥離などの軽い障害を起こし、中心性網脈絡膜炎の初期症状となることもあるので注意が必要です。

変視症の原因
変視症の原因は、網膜の歪みによって起きます。眼球に入ってきた光の刺激は、網膜によって受け取ります。しかし、その網膜が変形していることによって、受け取る映像も歪んで見えるようになります。この網膜の歪みは、主に網膜の中心を構成する黄斑に病因があることによって発症します。中心性漿液性網脈絡膜症のような病気が要因となることもあります。

変視症の検査と診断
変視症(へんししょう)についてです。網膜の腫れや網膜の下に液体が溜まった場合には網膜が歪みます。そして、次のような見え方の異常が起こり、原因となる主な病気が考えられます。ものが吸い込まれるように見える・視力低下の場合、ものが波打って見える・霧視の場合などです。検査方法は、視力検査、方眼紙のような図を見るアムスラー検査、眼底検査、造影剤を注入し調べる造影検査、光干渉断層計などの方法を用いて行います。

変視症の治療方法
変視症の治療法は眼球の病変にレーザーを当てて病変を除去します。レーザー治療を行う時には点滴をして眼球が乾燥しないようにします。レーザー治療が終わってもしばらくは点滴を続けて眼球の表面が乾燥しないように気をつけます。強い光に気をつけなければいけないので普段からメを保護するために紫外線を通さないサングラスをするのも有効です。

変視症の初診に適した診療科目

変視症の専門外来

変視症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ