特発性血小板減少性紫斑病トクハツセイケッショウバンゲンショウセイシハンビョウ

特発性血小板減少性紫斑病はどんな病気?
手足にあざができやすくなる病気です。


特発性血小板減少性紫斑病の症状
血小板数と出血の重症度には個人差がありますが、血小板数が2万/μL以下に減少すると鼻血、歯ぐきからの出血、血尿(尿に血が混じること)、消化管からの出血により便が黒くなることがあります。女性の場合は、月経が重くなり、鉄欠乏性貧血になることがあります。

特発性血小板減少性紫斑病の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

特発性血小板減少性紫斑病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ