葉状腫瘍ヨウジョウシュヨウ

葉状腫瘍はどんな病気?
葉状腫瘍は乳腺線維腺腫に類似している病気ですが、乳腺の小葉内の結合組織が増殖する線維腺腫に対し、線維性間質と乳管上皮が急速に増殖したのを言います。初期症状はしこりが出来て数ヶ月には肥大していきます。場合によっては圧迫感、自発痛、皮膚の発赤の症状がみられます。切除しなければまた同様の場所に再発しますから手術による切除が必要とされます。


葉状腫瘍の症状
葉状腫瘍の症状については、乳腺に腫瘍ができます。腫瘍は急速に肥大し、大きいものでは10センチ以上にもなります。はじめのうちは、乳腺線維腺腫に似たしこりで、形は分葉状です。線維腺腫や発育速度の速い乳がんとの区別は臨床的には困難です。ときには、自発痛、圧迫感、皮膚の発赤、皮下静脈の怒張などがみられます。巨大な乳房腫瘤があるのにリンパ節転移がなかったりして、乳がんとは異なる特徴があります。

葉状腫瘍の原因
葉状腫瘍の原因は、医学的に完全に解明されていないというのが現状です。この病気は線維腺腫から腫瘍化していくのだという仮説もありますが、完全に実証されているわけではありません。この病気は、乳腺の腺組織を取り囲む間質細胞が腫瘍化することによって引き起こされるのだということまでは解明されています。今まで述べたように、この病気がどうして引き起こされるのかは医学的に解明されてはいないのです。

葉状腫瘍の検査と診断
葉状腫瘍が疑われた場合、まず行われる検査方法は問診と触診です。乳房の形や皮膚の色の変化などの状態を見ることで診断が可能です。しかし炎症性乳がんと区別する必要があるため、超音波検査とマンモグラフィーが行われます。超音波検査で分葉状構造の有無が確認できます。さらに細胞診や乳房のしこりに針を刺して組織の一部を摘出して行う針生検を行えばより確実な診断が可能になります。

葉状腫瘍の治療方法
手術を受けて腫瘍を切除することで、葉状腫瘍を効果的に治療する事が可能です。手術を受けることで、腫瘍やがん細胞が再発する可能性を大幅に減らす事が出来ます。小さな腫瘍なら入院することなく、手術を済ませることが可能です。重度の場合は、全身麻酔を受けた状態で胸の手術を受けて入院する必要があります。さらに深刻な状態になると、乳房を取り除く治療法で治すことになります。

葉状腫瘍の初診に適した診療科目

葉状腫瘍の専門外来

関連部位から他の病名を探す

葉状腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ