早朝高血圧ソウキコウケツアツ

早朝高血圧はどんな病気?
早朝高血圧症とは、目覚めてからすぐに血圧が上昇します。血圧が上昇すると頭痛を伴う事もありますが、恐ろしいのが脳梗塞や心筋梗塞です。血圧の高い方はまず起きてすぐに立ち上がるのではなく、暫く座って休んでから立ち上がるようにします。そして毎朝血圧計で自身の血圧をはかり自身の体調の管理が必要です。特に寒い冬は血圧が上昇しやすいので注意が必要です。


早朝高血圧の症状
早朝高血圧の症状は、早朝の血圧の上がり具合いが、通常より高い状態にあることです。二つのタイプがあり、一つはディッパーとよばれるものです。もう一つはノンディパーとよばれます。ディッパーの特徴は、目覚めとともに血圧が上昇することです。 ノンディッパーの特徴は、夜の高い血圧のまま朝を迎えることです。どちらも、昼は薬などでそこまで血圧が高くないため、油断すると怖い病気の温床になります。

早朝高血圧の原因
通常であれば、血圧は朝起きてから徐々に日中にかけて高くなり、夜に向けて下がるのですが、朝起きてすぐの血圧が1日の内で一番高い状態である症状を早朝高血圧症と言います。原因としては、血管が硬くなっている、継続的に飲酒量が多い、ストレス、そして睡眠時無呼吸症候群による睡眠不足などが考えられます。本人は寝ている時間数としては充分と思っても、無呼吸症候群では身体は充分に休めていないのです。

早朝高血圧の検査と診断
早朝高血圧の検査方法は、朝、目が覚めた直後の家庭での血圧測定です。携帯型の自動血圧測定を用いることによって、医療従事者ではなく、自宅で簡単に患者さんに血圧測定を行ってもらいます。その値と普段の平均的な血圧の値とを比較することによって、診断します。おもに、平均的血圧よりも早朝血圧が10~15mmHg以上高いことが診断基準となっています。

早朝高血圧の治療方法
早朝高血圧の治療法は、いきなり医師のところへ行かずに、自分で実践してみることができるものがあります。まずは、起床時の血圧を減らすために、毎日、塩分の摂取量を減らすことです。一日6g以下が望ましいと言われています。次に、就寝前に行うもので、コップ一杯分の水を飲むことです。これにより、血液の濃度が低下し、翌朝の高血圧を減少させられる効果が期待できます。

早朝高血圧の初診に適した診療科目

早朝高血圧の専門外来

関連部位から他の病名を探す

早朝高血圧に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ