複視フクシ

複視はどんな病気?
複視とは、目の前にりんごがあるとします。そのりんごが、複数に重複してみえてしまうことを、言います。原因としては、眼筋麻痺によることが、とてもおおいいです。また、糖尿病や高血圧、動脈硬化により、併発したりもします。また、目の回りも骨折するとなる場合もまれにあります。また、脳疾患による、脳腫瘍どにより、なる場合もあります。


複視の症状
複視と言われてもわからないといった方も多くいますが、知らぬ間になっている場合があります。その主な症状は物を見た時に二重に見えるといった事です。両目で見た時に出る、片目で見た時に出る等、人により異なりますが、疲れから現れる事が多くなっています。よって、睡眠等により疲れがとれると治る場合も多くなっています。しかし神経に疾患がある場合にも現れますので続くようであれば病院へ行かなくてはいけません。

複視の原因
複視の原因は、両目の連携異常によるものです。通常、両目は連動して動作することによって、一つの映像を結び知覚することができます。しかし、目の筋肉に麻痺などの病状が影響するとと、両目の連携が崩れてしまいます。すると、二つの眼球から同時に知覚した映像にズレが生じ、その結果として目で同時に見たものが二つにぶれて見えるようになります。

複視の検査と診断
複視は乱視と違い、単なる眼の病気というだけにとどまらず、原因となる疾患が潜んでいるということなので、検査が必要です。検査方法は、目の位置と動きで診断するという方法です。肉眼でわからない場合は、赤ガラス試験という、片目の前に赤いガラスを置いて、両方の目をペンライトで照らすという方法で診断ができます。症状がある場合は最寄の眼科へ行ってみましょう。

複視の治療方法
複視の治療法としては、同じものばかりを見て目を動かさないのではなく飛んでいる鳥を目で追ったり、自転車を目で追うとかが効果的です。また、痛みがなければ顔を動かさないようにして、目だけを動かして、上を見る・下を見る・右を見る・左を見るなどをやって目を動かしてみるのも効果的です。目の筋肉が炎症を起こして動かなくなっている場合少しずつ動かしていかなければなりません。

複視の初診に適した診療科目

複視の専門外来

関連部位から他の病名を探す

複視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ