ギャンブル依存症ギャンブルイゾンショウ

ギャンブル依存症はどんな病気?
ギャンブル依存症とは、以前は、意志の弱さが問題とされてきましたが、現在は精神疾患の一つと考えられています。ギャンブルを渇望して借金などをしてもどうしても止めることができない状態になります。もしギャンブルをしないでいると他のアルコール依存症のように離脱症状が出たりします、またギャンブルの頻度も増え賭け金も増加する傾向があります。


ギャンブル依存症の症状
ギャンブル依存症は給料日などで現金を手にするとパチンコや競馬などに手を出していく症状です。やめようにもなかなかやめられずつい借金になるまで行なうことでギャンブルをしていることで精神の安定が保たれます。依存症が出てきたら周りの人に協力してもらいながらギャンブルには手を出さないように日ごろから強い意志を持っておくことが大切です。

ギャンブル依存症の原因
ギャンブル依存症の原因は、ギャンブルで勝った時に脳から多量のアドレナリンという物質がでることで、興奮状態になり、脳は快感を覚えます。その経験と快感状態が忘れられないことから、負けてしまっても勝てるまでのめりこんでしまい、また勝った時に多量のアドレナリンがでることで、再度快楽状態になることを繰り返すのです。そして興奮状態がおさまると、またその経験をしたいことから依存につながります。

ギャンブル依存症の検査と診断
ギャンブル依存症にはギャンブルからしばらく遠ざかっていると明確な禁断症状が現れます。それは精神的に現れますので、依存症の検査方法としてはこの精神的な禁断症状や焦り、強迫観念などを精神科による数回の診察やカウンセリングにより明らかにしていきます。もっともこうした症状は普段家にいる時点で強く現れるケースが殆どですので、周囲の人間からも容易に判断する事が出来ます。

ギャンブル依存症の治療方法
ギャンブル依存症の治療法として有名なのが、他に熱中できる趣味を見つける事です。ギャンブルの事をできるだけ考えられない趣味を見つけることができれば、自然とパチンコホールには通わなくなっていきます。もちろん家族の助けも必要になります。家族の方は見守るだけでなく、助言をする形で助けてあげるのがよいです。依存症は周りの人間の助けも必要になります。

ギャンブル依存症の初診に適した診療科目

ギャンブル依存症の専門外来

ギャンブル依存症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ