{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「内分泌科」 に関する病気 他の病気を検索

1〜20件を表示/全70件

病気一覧 (70件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
亜鉛欠乏症とは、血清中の亜鉛濃度が低下し、体内の亜鉛が足りない状態をさします。<br />亜鉛が少ないことで、免疫力の低下や口内炎、皮膚炎、ウツ状態、脱毛、貧血、味覚障害など様々な症状をひきおこします。...
亜急性甲状腺炎とは甲状腺が腫れて痛みや発熱をともなう病気のことです。症状は2〜3ヶ月続き、急性よりは長く続きますが、慢性的に続くわけではないので亜急性と呼ばれています。<br />男性に比べると圧倒的に女...
アポトーシスは、プログラムされている細胞死の事を言います。紫外線などの外敵によって細胞が死ぬのではなく、内部の遺伝的な信号によってあらかじめ死がプログラムされていることを言います。自殺する細胞と言...
インスリノーマとは、ランゲルハンス島でインスリンを作り出す&beta;細胞が腫瘍化して低血糖症状を起こす病気です。このうち9割が良性ですが、まれに悪性のものもあります。主な症状は空腹時に起こる低血糖に自律...
ウェゲナー肉芽腫症とは、全身的な血管炎の一つで、血管の炎症により、細胞やその破片によって肉芽腫ができる病気です。最初は風邪のような症状ですが、肺炎や腎炎になったりもします。原因はまだはっきりと分か...
外因性やせとは、主に食事に関する問題が大きく関係しているやせを指します。<br />病的なやせとはるいそうとも呼ばれ、からだの脂肪組織が急激に減少し、体重が減少した状態を指します。<br />筋肉組織なども伴...
下垂体機能低下症とは一般に、下垂体前葉ホルモンの一部またはすべてが何らかの原因で十分に分泌できなくなった状態を意味します。<br />後葉ホルモンの障害は中枢性尿崩症として別に扱われます。<br /><br />下...
下垂体腺腫とは、脳下垂体にできる脳腫瘍の一種です。脳下垂体は頭蓋骨の底部・中心部にあるトルコ鞍という窪みの中にある豆粒大ほどのものです。<br />脳下垂体の上方には、ものを見るために必要な視神経が左右...
成長ホルモン分泌不全性低身長症とは脳のなかにある下垂体という器官から分泌される成長ホルモンの量が少ないために、成長率が悪くなり低身長になる病気です。<br />かつては下垂体性小人症とも呼ばれていました...
下垂体腺腫とは、脳組織そのものに発生する原発性能腫瘍のひとつで下垂体に発生する良性腫瘍です。
血管には一番内側の部分から、内膜、中膜、外膜という壁があり血管を構成しています。仮性動脈瘤は、この壁のすべてに穴が開いてしまい、そこから漏れ出した血液が周囲の組織を圧迫する動脈瘤となってしまう病気...
脚気は、ビタミンB1が欠乏して発症する全身倦怠感やむくみといった病気の事であり、現代ではめったにかかる病気ではありません。<br />しかし、加工食品やアルコールの過剰摂取といった極めて偏った食生活をし続...
褐色細胞腫は、副腎の内側にある髄質と呼ばれる部分に腫瘍ができる病気です。この腫瘍からはカテコールアミンというホルモンが分泌され、その結果として高血圧や頭痛、高血糖などの症状を引き起こします。この病...
がんのような腫れ物であるカルチノイドがつくり出すセロトニン、ヒスタミン、ブラディキニンなどの化学物質によって起きる症候群です。
副甲状腺ホルモン(PTH)は正常に分泌されているにも関わらず、作用する臓器の反応性に障害があって、副甲状腺機能低下症のような症状が出るのが、偽性副甲状腺機能低下症です。副甲状腺ホルモンがうまく働かないと...
急性化膿性甲状腺炎とは、急性甲状腺炎とも呼ばれる病気で、名前のとおり、甲状腺や周囲に炎症が起こり化膿する疾患を指します。<br />亜急性甲状腺炎がウイルス感染によるものであるのに対して、急性化膿性甲状...
胸腺腫とは<span style="color: rgb(0, 0, 0); font-size: 10.5pt; font-family: 游明朝, serif;">胸骨の裏</span>にある成人になると退化する胸腺の細胞からできる腫瘍です。腫瘍は比較的ゆっくりと増殖し、被膜...
クッシング症候群とは、副腎皮質で作られているコルチゾールという副腎皮質ホルモンが増えてしまうことによって引き起こされる病気です。<br />顔や腹部が大きくなるなどの特徴的な症状があらわれ、女性に多くみ...
クラインフェルター症候群とは、男性の性染色体にX染色体が一つ以上多いことで生じる症候群のことです。この病気は、二次性徴くらいまでは特に変化はないが、次第に華奢な体つきで、胴体の成長が止まり、手足が長...
原発性アルドステロンは、副腎皮質ホルモンのひとつであるアルドステロンの分泌が過剰になることで起こる病気です。アルドステロンは腎臓に作用し、体内のナトリウムと水分量を増加させます。<br />そのため、本...
1〜20件を表示/全70件