{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「小児皮膚科」 に関する病気 他の病気を検索

病気一覧 (11件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
アレルギー性紫斑病とは、アレルギー反応によって引き起こされる病気です。子どもに多くみられます。<br />アレルギー反応によって血管に炎症が起こることで血液が血管からもれやすくなるのがこの病気の特徴です...
異所性蒙古斑とは、青あざの一種と言えます。通常は尻や背中などに見られることが多い蒙古斑に対して、それ以外の部位に出来た蒙古斑のことを示しています。<br />多くの場合は、次第に薄くなって消えていくもの...
<p class="p1">いちご状血管腫とは、乳児にみられる赤あざの一種で、顔や首、頭部に多く発生します。<br />生まれた時は無症状か赤みがすこし見られる程度ですが、数週間程で皮膚が盛り上がり赤あざのような症状...
魚鱗癬と言う病気があります。これは皮膚の病気であり、日本にも魚鱗癬の患者がいます。<br />これは完治が難しい病気であり難病とも言えます。症状として皮膚の皮が魚の鱗のようにひび割れてポロポロと皮がむけ...
咬爪症(こうそうしょう)とは、爪を噛む癖のことをいい、かなり多くの人に見られる症状です。<br />症状については、本人が爪を噛んでしまうため爪の先がギザギザに荒れてしまっていたり、爪の表面がぼこぼこして...
脂腺母斑とは生まれつき、頭部や顔にできるアザのことです。アザは表面がザラザラしていて、色は薄い黄色です。母斑部分には毛が生えないため、頭部にできる場合は脱毛班として気づくことが多いです。思春期にな...
尋常性疣贅は、ヒトパピローマウイルスというウイルスが皮膚に感染してできるイボです。ヒトパピローマウイルスは皮膚にできた小さな傷から入り込み、イボをつくります。<br />子どもによく見られ、傷がつきやす...
石灰化上皮腫とは、名前の通り皮膚の一部が石灰のように硬くなってしまう良性の皮下腫瘍の一種です。<br />比較的若い人や、小児の顔・腕などに発生することが多いとされています。症状は、皮膚のすぐ下に硬いし...
とびひとは、皮膚がブドウ球菌などの細菌に感染して、痒みを持つ膿を含んだ瘡蓋ができる症状の病気です。<br />感染した場合、他の人に触ると、すぐに感染が広がってしまうため、人との接触は避けるようにしまし...
乳児脂漏性皮膚炎は、生後1週間~1才までの乳児の頭や顔にできやすい湿疹です。前頭部から頭頂部にかけて、赤みや黄色く脂っぽいかさぶたが、うろこ状についていきます。<br />乳児は、皮脂の分泌が活発なため、...
ミルメシアとは魚の目の一種で、子供にかかることが多いものです。足の裏や手のひらに魚の目のようないぼがみられます。<br />赤みを帯びていて体重をかけると痛みを感じることが特徴です。また、単発的に発生し...