{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「頻尿」 に関する病気 他の病気を検索

1〜20件を表示/全90件

病気一覧 (90件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
移行上皮がんとは、移行上皮組織に由来する癌腫であり、上皮性の悪性腫瘍です。尿管や膀胱などの尿路系のがんが多いことから尿路上皮がんとも呼ばれています。移行上皮がんは男性に多く発症する病気であり、60~8...
萎縮腎とは腎臓が硬直化して萎縮してしまう状態のことを言います。この状態になりますと、正常な腎臓の働きが失われてしまうので血中のクレアチニンやBUNの数値が大きく上がり大変危険な状態に陥ります。この腎障...
細菌に感染し、前立腺が炎症を起こしてしまうのが細菌性前立腺炎ですが、これには急性と慢性があります。どちらも頻尿や残尿管、疼痛や排尿困難が認められますが、なかでもi型急性細菌性前立腺炎は高熱をともない...
遠位部ネフロン疾患とは、尿細管疾患の分類の一つで、余分な酸を排泄する遠位尿細管の機能が障害され体内に酸が溜まることを指します。何らかの原因で、尿細管の機能に異常をきたすと発症します。尿路結石を伴う...
<span background-attachment:="" background-clip:="" background-image:="" background-origin:="" background-position:="" background-repeat:="" background-size:="" color:="" style="font-size: 12pt; fo...
間質性膀胱炎というのは通常の膀胱炎が細菌感染によって発症するそれとはことなり、抗生物質では治せない膀胱炎です。症状としては昼夜関係なく尿意が頻繁に起こる頻尿、急にトイレにいきたくなり、我慢ができな...
前立腺が尿道などから大腸菌などに感染し、炎症を起こし腫れ上がるのを急性細菌性前立腺炎といいます。前立腺肥大症と合併して発症することがあり、思春期以降の男性は年齢に関係なく発症する病気です。排尿困難...
急性出血性膀胱炎とは言葉のとおり急性の膀胱の炎症をいいます。<br />男児によく見られる病気で、アデノウイルスの感染によって発症する場合が多く見られます。この場合排尿痛や血尿といった症状が認められます...
急性精巣上体炎は尿の中に含まれている細菌が尿道から精巣上体に侵入することで発症します。<br />原因となるものは大腸菌や淋菌、クラミジアなどで、前立腺肥大症や尿道炎、尿道狭窄、膀胱結石などの疾患を抱え...
精嚢とは男性生殖器の一部で、前立腺の後ろ側にある5cm程度の袋状の器官で、射精の際精液などを射精管に送り込むという働きをしています。急性精嚢炎とはこの精嚢に細菌が感染し起こる疾患です。症状としては排尿...
急性前立腺炎とは、尿道、または血液またはリンパ液経由で大腸菌やクラミジアなどの細菌が前立腺に入り、感染を起こす疾患です。<br />突然症状が出ることが特徴です。発熱し寒気を感じ、前立腺に圧痛があり、排...
<p dir="ltr">急性膀胱炎は細菌が尿道内に侵入し、増殖して膀胱粘膜に炎症をおこす疾患のことです。とくに女性は男性に比べ尿道が短く肛門や膣に近いところにあるので、細菌が侵入しやすいため、女性に多くみられ...
クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスによっておこり、最も感染する頻度が高い性感染症になります。<br />男性では尿道炎、女性では膣炎のような症状が出ることがありますが、自覚症状が出ない場合も多...
1型糖尿病とは、膵臓でインスリンを分泌している&beta;細胞が破壊されることで発症します。<br />インスリンの分泌が極度に低下するか殆ど分泌されなくなり、血中の糖が異常に増加してさまざまな合併症を引き起こ...
結核性膀胱炎とは、結核菌が尿道に感染して発症する炎症のことです。腎臓結核が尿道に転移することが原因で、膀胱内に結核性の潰瘍や肉芽を形成するために尿道炎として発症します。頻尿・尿の濁り・排尿痛などの...
ケトアシドーシスとは、脂肪の分解によって作られる、ケトン体というものが蓄積したことにより、体液のpHが酸性に傾いた状態のことを言います。これは、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかっている時や、強...
高カルシウム血症とは、体内の血液中のカルシウム濃度が著しく高い状態にあることです。<br />ビタミンA、Dの過剰摂取などをともなって血液中のカルシウム濃度が上昇しておこります。<br />軽度の場合の症状は、...
高血糖は生活習慣の乱れ(糖類や塩分の摂取過多、たばこの吸いすぎ、運動不足、ストレス)や先天的にインシュリンが分泌・受容できないなどの理由で、血中のグルコース濃度が通常値より高くなることです。すぐにの...
好酸球性肉芽腫症とは小児期に脊椎が扁平化する病気です。一つの脊椎だけに症状が見られ一定期間破壊された後、修復されて病気が発病する前の状態に戻ります。他の脊椎に症状が広がることはありません。腰や背中...
細菌性疾患は細菌によって引き起こされる病気で、伝染します。血液中毒や腎不全、中毒性ショック症候群など生命を脅かす合併症をもたらす場合もあります。<br />この細菌性疾患は食中毒や風邪のような症状が出る...
1〜20件を表示/全90件