{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「肛門が腫れる」 に関する病気 他の病気を検索

病気一覧 (10件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
穴痔とは、一般的には痔ろうと呼ばれる痔の進行した状態のことです。この状態になる原因はよく分かりませんが、痔ろうとは直腸からお知り周辺に通じる穴が開いてしまう痔のことです。直腸から痔ろうを通じて便が...
いぼ痔は医学用語では「痔核(じかく)」と呼び、肛門の病気の約半数を占めます。直腸と肛門の境界である歯状線より口側にできたものを「内痔核」、歯状線より外側にできたものを「外痔核」といいます。<br /> ...
外痔核とは、皮膚と直腸の境目より外側の皮膚にできる痔を指します。<br />痔核とは、一般的にはイボ痔と呼ばれており、肛門縁付近にある、下痔静脈叢に血液が入り膨らんだものです。<br />皮膚は粘膜に比べ丈夫...
嵌頓痔核とは、進行した内痔核が力が加わるなどの理由で脱出した時に血栓ができ、痔核が肛門に戻らなくなる状態のことです。脱出したまま、ますます腫れ上がっていきます。内痔核を持った女性が出産時に起こすこ...
急性血栓性内痔核脱出とは、嵌頓痔核とも呼ばれる急性期の痔核のことです。肛門にいきみなどで過度の圧力がかかると内痔核が肛門から脱出し、その中に静脈血の血栓ができ痔核となり肛門に戻らなくなります。女性...
肛門がんとは、消化管の終末部の肛門管にできるがんのことです。大腸がんに比べるとその頻度はまれで、様々なタイプのがんが発生する箇所でもあります。<br />このがんの発育形式は、肛門管の中から発生した管内...
肛門皮垂とは、肛門の周辺部分にできた皮膚のたるみのことを言います。この病気の多くは、嵌頓痔核や血栓性外痔核、また裂肛などによって肛門部が一時的に腫れ、その後に腫れた部分が萎縮したあと、しわになって...
痔は肛門付近の静脈が鬱血(血が滞る)する事によって肛門の外側・内側に症状がみられ、排便時や日常生活時に不便を伴う場合があります。発生原因は我慢・便秘・下痢・刺激物摂取と様々であり、我慢をすると血が肛...
膿皮症とは、皮膚がぶつぶつができたり、かゆくなったりして化膿する病気の総称のことを言います。犬がかかりやすく、特にゴールデンレトリバー、ミニチュア・ピンシャーなどがかかりやすいです。分類として深在...
見張り疣とは、離乳食開始後の7か月から3歳くらいまでに女児に多くみられる肛門のできものです。<br />慢性便秘に伴う硬便排出が原因となっており、硬便で裂肛になってしまった結果、その刺激で皮膚が増殖してし...