縦隔気腫ジュウカクキシュ

縦隔気腫はどんな病気?
縦隔気腫とは、胸部の中央の胸郭を分けている縦隔内に空気が溜まった状態で、頸部の気管損傷や胸部の気管、気管支損傷を伴って起こります。原因としては、頸部の鋭的外傷によることが多いです。症状は外部から観察できませんが、胸部外傷により、胸痛、呼吸困難、皮膚等が紫色になる、皮下気腫、血痰がみられる場合は、本病の可能性を疑うことも大切です。


縦隔気腫の症状
縦隔気腫は、縦隔と呼ばれる胸腔を仕切っている場所に空気がたまってしまうわけですから、これに伴う様々な症状が発生します。自覚できるものとして代表的なものに、比較的激しいせきだとか、胸の痛みなどを挙げることができます。また、場合によっては、胸や周辺部の圧迫感や、呼吸困難などを訴えるようなケースも存在すると考えられています。

縦隔気腫の原因
縦隔気腫(じゅうかくきしゅ)は、頸部(けいぶ)の気管損傷や胸部の気管・気管支損傷が原因となって起こります。頸部の気管損傷の要因は、頸部の刺創(しそう)・切創(せっそう)などの鋭的外傷(刃物やナイフなど鋭利なものによる外傷)によります。また胸部の気管・気管支損傷の要因は、交通外傷などによる鈍的外相による発生が多く見られます。

縦隔気腫の検査と診断
縦隔気腫になったときの検査方法は、皮下気腫の場合と区別しなければなりません。皮下気腫の場合、簡単な外部からの刺激等による検査の方法によりそれだと診断されますが、本腫瘍に罹患した場合、内部をよく観察しなければいけないためです。本腫瘍の場合、胸部にする単純X腺検査やCTスキャンといった画像診断が必要になります。外部からははっきりしたことは何もわからないのです。

縦隔気腫の治療方法
縦隔気腫の治療法は、外傷性か症侯性か突発性であるかによって、治療の方法も変わってきます。咳や胸の痛みを伴うものは、すぐに手術を行う必要がありますが、空気漏れしていない軽度の場合は、特別な治療は行いません。静脈血還流不全がある場合は、胸骨の上縁を小切開して解放します。家庭で行える応急処置などはないので、早急に病院へ運ぶことが重要です。

縦隔気腫の初診に適した診療科目

縦隔気腫の専門外来

関連部位から他の病名を探す

縦隔気腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ