乳頭性結膜炎ニュウトウセイケツマクエン

乳頭性結膜炎はどんな病気?
乳頭性結膜炎とは、上まぶたの結膜に乳頭(ぶつぶつ)ができることを指します。コンタクトレンズの使用者に多く見られ、原因はコンタクトレンズの汚れによるものと考えられています。レンズの汚れが落ちにくい浸け置き洗浄を中止しこすり洗いを実施、タンパク質の固着が少ないコールド消毒に変更するなどし、レンズの汚れを除去します。使い捨てレンズは有効です。症状が改善しない場合は、抗アレルギー薬の点眼で対処します。


乳頭性結膜炎の症状
巨大乳頭性結膜炎とはアレルギー性結膜炎の一種であり、上まぶたの裏側に大きな結膜乳頭によるボツボツとした隆起が多く発生し、炎症を起こしている状態を言います。主にコンタクトレンズを装着している人に発症する病気であり、前述した症状の他に目やに、異物感、くもりなどが出て、重症になるとコンタクトレンズが上にずれることがあります。

乳頭性結膜炎の原因
乳頭性結膜炎の主な原因は、結膜や瞼の裏側にアレルギー症状がおきることだと言われています。アレルギー症状が起きる原因としては、コンタクトレンズの表面についた涙に含まれているタンパク質やほこりが付着による汚れが関係しています。また、コンタクトレンズを付けることによって裸眼の時とは違い浮遊物を涙で流すことができないためアレルギー症状が起こりやすいです。

乳頭性結膜炎の検査と診断
乳頭性結膜炎の検査方法としては、結膜からウイルスを検出する事が必要になります。現在では、この検査方法で短時間で結果を知る事が出来るのです。又、この結膜炎では、他の結膜炎との区別で、血液検査を用いて特定の細菌に対する抗体を確認したり、結膜から採取したものを顕微鏡で検査したりもします。これらの検査方法を併用することで、他の結膜炎との区別できるようになるのです。

乳頭性結膜炎の治療方法
乳頭性結膜炎の発症原因は、コンタクトレンズの使用によるアレルギー反応ですので、コンタクトレンズの使用を中止することが、乳頭性結膜炎の治療法としては最も効果的です。それが不可能な場合は、ワンデーコンタクトなどの使用で、コンタクトレンズの装着時間を出来る限り短縮することで対応します。その場合、コンタクトレンズを装着したままで、1日に複数回の点眼薬の使用による治療が必要となります。

乳頭性結膜炎の初診に適した診療科目

乳頭性結膜炎の専門外来

乳頭性結膜炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ