恒常性斜視コウジョウセイシャシ

恒常性斜視はどんな病気?
恒常性斜視という病気は、まず斜視という眼球の方向が、光が正しく入射してくる軸に対して常に擦れが生じている状態のことで、そのままですと物体が2つに見えたりするため、頭の中で斜視眼の像は打ち消されれます。そして基本は両眼ともに斜視になるケースが一般的ですが、片眼のみが斜視の状態を恒常性斜視といいます。これが続いていくと眼の奥に像を正常に結ぶことが出きず、斜視弱視という視力の低下に繋がっていきます。


恒常性斜視の症状
事故で眼筋まひになった時や、目が外傷を負って、片方が高度の視力低下をもたらした時などに、一方の目だけを使った生活をしていて、もう片方の目を全く使わない状態が続くと、全く使わなくなった目は外側を向くようになります。このように、眼位がずれていたり、両眼視の異常があって、眼位が常に斜めになっている症状の事を恒常性斜視といいます。

恒常性斜視の原因
斜視とは、眼球の方向が、光が正常に入射してくる軸に対してずれている状態のことを指します。恒常性斜視は、そのように常に眼球の方向がずれている、というものです。この症状の原因はさまざまです。例えば、眼球の周りの神経組織に異常があったり、片眼の状態が異常であることなどが原因となりえます。また、遠視などが原因のときもあります。

恒常性斜視の検査と診断
恒常性斜視の主な検査方法は、視線のずれの幅を計測することが大切で、専門の検査員である視能の訓練士により行われます。この検査では、視力検査によって左右の視力を測定し、屈折の検査で近視や遠視、乱視の状態を確認します。又、眼位の検査が用いられる事や眼球の運動の検査、両眼の視機能の検査なども用いられ、この斜視の検査が行なわれる事になるのです。

恒常性斜視の治療方法
恒常性斜視の基本的な治療法は手術で、眼を動かす筋肉を操作して眼の方向を調整します。眼を内側に向ける内直筋の働きを強め、眼を外側に向ける外直筋の働きを弱める手術を行います。手術によって眼の位置を正常に戻しても再び恒常性斜視になることが多く、その場合は再手術が必要となります。また、手術後には両眼で物を見る訓練などを行います。

恒常性斜視の初診に適した診療科目

恒常性斜視の専門外来

関連部位から他の病名を探す

恒常性斜視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ