分娩子燗ブンベンゴカン

分娩子燗はどんな病気?
子燗とは、高血圧と痙攣・意識障害を発症する事で妊娠・分娩・産褥期に起こり得る症状で妊娠中毒症の診断を受けている妊婦は特に注意が必要です。分娩中に起こる分娩子燗は、いきむと血圧が上昇する事が原因で痙攣などの症状を引き起こすと考えられます。子燗の症状を少しでも確認したら早期の入院が必要です。外部からの光を避け、音や振動のない静かな場所で静養し、必要に応じて投薬を行います。


分娩子燗の症状
分娩子燗とは、妊娠中毒症の最も重要なひとつで、意識喪失と反復する全身痙攣が特徴です。最近では母子共に死亡率は減少してきているが、治癒してもその後に様々な後遺症を残す危険性のある病気です。症状は、むくみ、高血圧などがあり、意識喪失と痙攣が突然起こります。前兆として、視野が狭くなったり、頭痛、嘔吐、耳鳴りなどがみられます。妊娠中毒症の発症の予防のためには、心身の安静と減塩食を心がけることが大切です。

分娩子燗の原因
分娩子燗が起こる直接の原因は、未だはっきりとはわかっていませんが、高血圧や末梢循環機能障害による脳への循環血流変化による局所的な脳の浮腫と、それによって引き起こされる脳血管の痙攣や、意識障害、視野障害などだと考えられています。他にも初産、多胎出産、高齢出産(35歳以上とされている)、若年出産(18歳以下とされている)も原因ではないかと考えられています。

分娩子燗の検査と診断
分娩子燗とは妊娠20週目までの妊婦が発症する痙攣発作のことです。そのためこの検査方法としては、脳のCT検査による検査をおこなうのです。そのため痙攣が起きた場合はこの症状である可能性が高いので早期に脳のCTを取る必要があるのです。そうすればかなり早期の段階で外科的手術ができるので母子ともに安全な状態で出産をおこなうことができます。

分娩子燗の治療方法
分娩子燗において大切なことは予防をしっかりと行うことです。分娩子燗の発作が起きているときには部屋を暗くして安静にします。そして、主な治療法は、まずジアゼパムなどの抗痙攣剤を投与し、発作が治まるまで繰り返し投与することです。発作が続く場合は、筋弛緩剤を合わせて投与し、挿管や人工呼吸をあわせて行います。万が一の場合は妊婦の命を第一に治療します。

分娩子燗の初診に適した診療科目

分娩子燗の専門外来

分娩子燗に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ