偽眼瞼下垂ギガンケンカスイ

偽眼瞼下垂はどんな病気?
偽眼瞼下垂の状態とは、奥のほうで目が開いているにもかかわらず、皮膚が覆いかぶさることで隠れてしまい、視界に影響を及ぼしている状態です。視界の妨げにより、場合によっては視力に影響が出ることもあります。加齢による皮膚のたるみなどでもおこります。たるんだ皮膚や、余分に覆いかぶさっている皮膚を取り除く治療により、良好な視界が得られるようになります。


偽眼瞼下垂の症状
筋肉や神経に関係なく、眼が開きにくい状態が偽眼瞼下垂です。症状としては、加齢によって少しずつまぶたの皮膚の弛緩やたるみによって、眼が細くなったり、眼が開きにくい、物が見えにくいなどあります。物を見るときに、あごを上げて見るような姿勢になったり、額にシワを寄せたり、眉毛を上げたりするようになります。また、物が二重に見えることもあります。

偽眼瞼下垂の原因
偽眼瞼下垂の原因として考えられるのはとは、加齢によるまゆ毛下垂や瞼のまわりの皮膚の老化によってたるんだ状態、眼輪筋の極度の緊張による痙攣、甲状腺異常などによる眼球の陥没、先天的に眼球が小さい小眼球症などが挙げられます。また、顔面神経痛や抗うつ剤に副作用など身体的問題だけでなく精神的な問題も関わっている場合があります。眼瞼下垂と違い、眼瞼挙筋にまったく異常が見られないのが特徴といえます。

偽眼瞼下垂の検査と診断
偽眼瞼下垂の検査方法は、通常の眼瞼下垂のような症状でありながら、原因が別にあるというものがないかどうかのチェックに依っています。眼瞼挙筋という筋肉または筋肉を動かす神経の異常こそが眼瞼下垂であり、それとは違う、例えば単に皮膚が弛んでいるだけであるとか、他の症状、病気などによって眼球が縮小しているだけとか、そういう状態になっていると診断されれば、この病気が疑われることになります。

偽眼瞼下垂の治療方法
偽眼瞼下垂の重い症状が見られる場合、眼科などで手術をうけることとなりますが、老化などでの場合は、基本的に美容外科での美容整形手術が主な治療法となります。目の上のたるみの切除をしたり、余分な皮膚を折りたたむ、埋没法などを言われているものがそれにあたります。その場合、保険は効かず自費治療となりますが、頭痛などの軽快も期待できます。

偽眼瞼下垂の初診に適した診療科目

偽眼瞼下垂の専門外来

関連部位から他の病名を探す

偽眼瞼下垂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ