咽喉頭異常感症インコウトウイジョウカンショウ

咽喉頭異常感症はどんな病気?
咽喉頭異常感症とは喉に異物感・違和感を感じるものの、病院で診察を受けてもとくに異常が見つからない状態を総称したものです。つばを飲み込んだ時に違和感を感じることが多いです。このようなときは耳鼻咽喉科を受診すると良いでしょう。この病気の原因は喉以外にあったり、原因自体が不明なことが多く、原因不明の場合は経過観察や精神安定剤を投与します。


咽喉頭異常感症の症状
咽喉頭異常感症の症状は、患者によって感じ方が異なります。主なものは、喉に圧迫感を感じたり、喉に何かが詰まっている感じがしたり、喉が塞がる感じがします。また、喉の奥が腫れている感じがしたり喉がイガイガしたりかゆみを感じることもあれば、胸がつかえる感じがすることもあります。嚥下運動を行った時に唾を飲み込んだ際に上記の感じを訴えます。

咽喉頭異常感症の原因
咽喉頭異常感症の第一の原因としては、のどなどの炎症などにより咽喉部が刺激されているという可能性が考えられます。さらには副鼻腔の炎症やアレルギー性の鼻炎などとも関連してくるとも言われています。第二の理由としては精神的なものというのも考えられるようです。さらには全く理由がわからないといった場合も比較的みられているようです。

咽喉頭異常感症の検査と診断
咽喉頭異常感症の基本的な検査方法としては、耳鼻咽喉科での問診で具体的な症状や、かかったことのある病気などを確認します。そして、この問診が終了した後は採血が行なわれ、アレルギー症状や、炎症反応、甲状腺の機能について検査する事が必要になります。又、頸部の超音波検査で甲状腺や頸部の状態を確認し、MRIやCT撮影などを行い、頸部にある病気の有無を確認することが必要になります。

咽喉頭異常感症の治療方法
咽喉頭異常感症の治療法は、 原因となる疾患が明らかであれば、それぞれに対応する治療を行います。原因疾患が見つからない場合には、精神安定剤や経過観察の投与をします。不安や緊張状態なら抗不安薬、鬱病、鬱状態なら抗うつ薬、ヒステリー性転換反応なら心理療法を行います。また漢方での治療もあり、代表的な漢方薬では半夏厚朴湯が用いされます。

咽喉頭異常感症の初診に適した診療科目

咽喉頭異常感症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

咽喉頭異常感症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ