歯ぎしりハギシリ

歯ぎしりはどんな病気?
睡眠中に引き起こされる歯ぎしりは、主に歯並びが原因だと言われています。長い間続けていると、歯がすりへってしまい虫歯の原因ともなってしまいます。もし、あまりにも睡眠中頻繁に行われているようなら、口腔外科の受診をお勧めします。他にも、ストレスが原因で症状を引き起こすことがありますが、ほとんどが、一過性のものとなっています。


歯ぎしりの症状
歯ぎしりとは、習慣であったりそのときのストレスにより引き起こされる症状のことです。寝ている間に歯をすごい力で食いしばってしまい、ぎりぎり、ごりごり、といった音が出るのです。起きている間に歯を噛み締めて出そうと思っても到底出せない音なのですが、寝ている間にそのような信じられない力で噛み締めてしまっていることがあるということなのです。

歯ぎしりの原因
歯ぎしりの原因は主に2種類あります。1つ目は噛み合わせ、もう1つはストレスによるものです。歯が抜けたとか抜歯後の治療の放置や、虫歯治療により上下段の噛み合わせが悪くなり、普段の生活で顎の筋肉が余計な緊張を強いられ、寝ている間に解消(緊張を緩める)しようとします。またストレスは精神の緊張状態で、知らない間に歯を食いしばる事が多く、寝ている間に顎の筋肉の過度の負荷を解消するために起こります。

歯ぎしりの検査と診断
歯ぎしりの検査方法は、自宅で行えるものと病院に一晩入院して行うものの2つあります。自宅で行える検査は歯科医院にて顎の筋肉運動を測る専用のセンサーを借り頬に一晩~数晩着けデータをとる、また寝る前に歯の上に薄い膜を貼り擦り切れ具合を診るものでです。もう1つは歯科大学病院などで睡眠時ポリグラフ検査にて脳波や顎筋肉の活動状態のデータをとる検査です。

歯ぎしりの治療方法
歯ぎしりの治療法には、一般的にマウスピースの使用が勧められます。これは寝ている時に起こりますから、マウスピースを使用すれば、歯の食いしばりを防ぎ歯に負担をかけてしまう事が無くなります。歯科医では自身の歯の形に合わせたマウスピースを作る事が出来ます。今では市販にも自身の歯の形に合わせて作る事が出来るマウスピースが販売されています。

歯ぎしりの初診に適した診療科目

歯ぎしりの専門外来

歯ぎしりに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ