偶発性低体温症グウハツセイテイタイオンショウ

偶発性低体温症はどんな病気?
偶発性低体温症とは、体の深部の体温が35度以下に低下する低体温症が、事故や不慮の事態によって偶発的に発生する症状を指しての呼び名です。低体温は、治療などのために意図的にその状態を誘発させる事もあるため、それと区別して呼び名をつけています。体温調節機能が機能しなくなって、脳障害や呼吸停止、皮膚機能破壊といった症状を引き起こします。


偶発性低体温症の症状
偶発性低体温症の症状は、軽度の場合は意識が健忘する、中度の場合は混迷状態となり、重度の場合はこん睡状態になります。反射運動、自動運動なども、体温の低下に伴い喪失します。体温が低下すると、体温を維持しようと末梢神経を収縮させて熱の放出を防ぐとともに、筋肉を震わせて熱を生成しますが、この反応がなくなることによって、体温が低下します。

偶発性低体温症の原因
低体温症とは、深部体温いわゆる直腸温、膀胱温、食道温、肺動脈温などが35度以下に低下したときのことをいい、原因としては、水難事故や冬山登山でもおこったりしますが一般的には、飲酒や睡眠薬の服用したあとに寒冷環境で寝たりした場合などに発症した低体温を偶発性低体温症といい、高齢の方や幼児は、寒冷にさらされただけで、低体温になってしまいます。

偶発性低体温症の検査と診断
偶発性低体温症の検査方法は、主に血液検査や血圧検査によって発覚する場合が多く、または低体温症を過去に患っている場合やおそれがある場合その検査に準じます。また同時に内科による心臓検査を行う場合もあり、血流の流れを検査し不整脈などの合併症がないかの検査も重要です。さらに、入院を行って継続的に心電図検査を行う場合もあります。

偶発性低体温症の治療方法
偶発性低体温症の治療法では、体温の回復が最優先となってきます。それに加えて循環・呼吸の管理が行われることになります。特に症状が重い場合には、加温液を使用しての胃の洗浄を行い体温の回復を目指します。さらに重症の場合には心停止の可能性があるので、それを避けるために人工透析器や経皮的心肺補助装置を用いて、急速な体温の回復を目指すことになります。

偶発性低体温症の初診に適した診療科目

偶発性低体温症の専門外来

偶発性低体温症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ