チャイニーズ・レストラン・シンドローム

チャイニーズ・レストラン・シンドロームはどんな病気?
チャイニーズ・レストラン・シンドロームはグルタミン酸ナトリウム(MSG)を多量に摂取したことによって起生じる、頭痛、赤面紅潮、発汗などを伴う一過性の神経興奮性作用が起きる症候群です。アメリカの中華料理店でアメリカ人が食後にこれらの症状を起こしたことから病名が付けられています。近年ではMSGはほとんど使用されなくなっていますが、以前は飲食店などで味付けの際に多く使用されることがありました。


チャイニーズ・レストラン・シンドロームの症状
チャイニーズ・レストラン・シンドロームの症状としては、頭痛、眠気、掻痒感、背中の無感覚、顔面紅潮、顔面や唇の圧迫感といったものが挙げられます。その他にも重篤な患者の場合は、のどの灼熱感、胸の痛み、動悸、息切れなどを起こすこともあります。しかし、これらの状態は悪化することなく、軽度の場合はしばらくすると後遺症もなく回復します。

チャイニーズ・レストラン・シンドロームの原因
チャイニーズ・レストラン・シンドロームは、俗にグルタミン酸ナトリウムが原因とされている。しかし最近では単一の要因によるものというより、塩分の過剰摂取やビタミンB6の不足、酸化した油による消化不良や不快感などが疑われている。グルタミン酸ナトリウムがいけないのだという世間の見解は広まっているが、研究の結果で関連性があるという証明はなされていない。

チャイニーズ・レストラン・シンドロームの検査と診断
チャイニーズ・レストラン・シンドロームの検査方法として多く取り入れられているのは胃の内部の検査です。胃の内部を検査することにより、胃に毒物や毒性のある成分が滞留しているかどうかを確認します。それらの毒物が胃の中に存在する場合には、この症状を引き起こしていると判断することが容易にできるようになっています。場合によっては吐瀉物から症状の有無を検査する場合もあります。

チャイニーズ・レストラン・シンドロームの治療方法
チャイニーズ・レストラン・シンドロームの治療法は明確には示されていません。なぜならこの症状を呈する原因はそれぞれの場合によって異なるからです。なのでそれぞれの症状において適切な治療を医療機関で選択してもらうことが重要です。根源的な治療としては原因となる物質を食べることを避けることでしょう。科学的根拠は明確ではありませんが化学調味料を大量に使った食品を食べることが原因と言われていますので。

チャイニーズ・レストラン・シンドロームの初診に適した診療科目

チャイニーズ・レストラン・シンドロームの専門外来

チャイニーズ・レストラン・シンドロームに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ