高窒素血症コウチッソケッショウ

高窒素血症はどんな病気?
高窒素血症とは何らかの要因によって体内の毒素分解機能が衰え、本来体内から排泄されるべき物質量が血液中に多く含まれることになるために、身体の各機能に障害がでる病気のことです。血中濃度にしめる毒素の割合が高まるために、腎機能や肝機能に負担がかかり、多臓器に渡って不調が起こり、食欲不振、知覚障害など、身体活動全体に様々な障害が現われます。


高窒素血症の症状
高窒素血症の症状には尿素減少、疲労、意識障害、錯乱、蒼白色の皮膚、速脈、口の乾燥、口の渇き、むくみといったようなものがあります。神経や筋肉の場合は、知覚異常、末梢神経痛、筋肉の痙攣、全身の痙攣が起こることがあります。その他にも、この病気は全身の消耗性のものなので、男性はインポテンスや精子濃度の低下、女性は無月経になることがあります。

高窒素血症の原因
高窒素血症の主な原因としては、急性の腎不全が大きな要因となる事が多く、腎臓への血流を妨げる要因がこの症状を引き起こします。腎臓は血液を血圧によってろ過するという機能がありますが、血液への圧力が低下することで、このろ過の機能が低下します。その結果、尿の生産が減少し、腎臓の老廃物は尿中に排出されず血中に蓄積され、この症状が現れます。

高窒素血症の検査と診断
高窒素血症の検査方法は、血液検査や尿検査によって実施します。血液検査による結果では、血中尿素窒素やクレアチンなどの値の上昇を確認することができます。また、尿検査においては、腎機能が低下しているかどうかを確認します。尿中ナトリウムや尿中尿素の血清中尿素に対する比率の値の上昇が見られたならば、この病気の診断を行う事ができます。

高窒素血症の治療方法
血液透析を受けると、高窒素血症の症状を緩和させる事が出来ます。腹膜透析を受ける治療法なら、尿の異常と皮膚の異常の両方の症状を改善させる事が可能です。病気が進行している時は、血液透析と腹膜透析を受ける事で意識障害を治すことが出来ます。腹痛の症状がある時は、抗生物質を服用する必要があります。血液製剤を服用すれば貧血を起こさなくなります。

高窒素血症の初診に適した診療科目

高窒素血症の専門外来

高窒素血症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ