身体化障害シンタイカショウガイ

身体化障害はどんな病気?
身体化障害とは、身体疾患が完全に証明できないような複数の症状(胃腸症、性的症状、疫痛、神経学的症状など)が何年にも渡って改善の兆しがないものをこのように位置付けました。症状は30歳前後から始まり、意図的に作り出したり、見せ掛けではないもので、病歴に基づいて判断します。このような症状は、患者さまの潜在化に問題がありますので、心療内科を受診するように薦める必要があります。


身体化障害の症状
身体化障害は、あたかも重大な病気かのように自覚され、病院を何度も受診します。医師から体の病気ではないと説明を受け、一旦納得します。しかし、症状が頑固に続くので、しばらくすると「やはり病気ではないか」との不安を感じ、再受診や再々受診をする傾向が高いのが特徴です。よくあるものとして、消化器、循環器、泌尿器、皮膚が異常を起こすのが特徴です。

身体化障害の原因
身体化障害の症状は腹痛や便秘・下痢。その他に失神や吐き気を伴う事が多い様です。その原因としては、他人い対して異常なまでの依存が要因だと言われており、女性より男性の患者が多い事も特徴の一つです。身体に痛みを伴う症状が多い事も挙げられることから、精神的な不安や、家族や親族に対しての依存が引き起こす病気の様です。中には鬱病になってしまう人もいるので、早めの受診をおすすめします。

身体化障害の検査と診断
身体化障害は、身体疾患によっては完全に説明できない何年にも及ぶ複数の症状(神経学的症状や性的症状、胃腸症状や痛み)によって特徴付けられる障害です。原因は不明であり、通常は30才以前に始まるようです。検査方法としては、身体的苦痛の治療を求める患者に対して、症状が身体疾患によるものではない事を確認するために多くの診察や検査が行われますが、医師との信頼関係を築くことが非常に役立ちます。

身体化障害の治療方法
身体化障害の治療の目標は身体症状の消失ではなく、身体症状にうまく対処してコントロールできるようになることです。主な治療法は、薬物療法と精神療法があります。薬物療法は抗鬱剤、抗不安薬を与え、うつや不安感を改善します。精神治療は、主に身体症状について説明していくことです。対人関係等のストレスが原因となる場合はそれを改善するよう話を聞きます。

身体化障害の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

身体化障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ