出血傾向(小児)シュッケツケイコウ(ショウニ)

出血傾向(小児)はどんな病気?
軽い刺激で出血しやすい、あるいは出血の際に血が止まりにくい状態をいいます。


出血傾向(小児)の症状
手足に青あざができやすい、鼻血が出やすいなどの症状が見られたら、早めに血液検査を受けて、自分がこの状態であるかを確認することが望ましいです。

出血傾向(小児)の原因
血を固めるのに必要な成分である血小板の減少や異常のほか、遺伝や肝臓の病気、高齢化による血管の異常などが原因となります。

出血傾向(小児)の初診に適した診療科目

出血傾向(小児)の専門外来

出血傾向(小児)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ