日光皮膚炎 (日焼け)ニッコウヒフエン

日光皮膚炎 (日焼け)はどんな病気?
日焼けは、サンバーンとサンタンに分けられ、サンバーンのことを狭い意味で日焼けということもあります。


日光皮膚炎 (日焼け)の症状
サンバーンとは紫外線にあたったあと1日のうちに赤くなる反応で、サンタンはその後徐々に褐色の色素沈着が起こってくる反応です。サンバーンは痛みを伴います。 光線過敏症を起こす病気の代表である光線過敏型薬疹では、薬を飲んでいる最中に、普通に生活しているだけで、日光にあたる部位に強く日焼けのような症状がでてきます。主にUVAが関係します。

日光皮膚炎 (日焼け)の治療方法
血圧を下げる薬(降圧薬)、化膿止めの薬(抗菌薬)、痛み止め・熱さましの薬(消炎鎮痛薬)などで時に起こります。また、接触した物質プラス紫外線で生じる光接触皮膚炎もあります。

日光皮膚炎 (日焼け)の初診に適した診療科目

日光皮膚炎 (日焼け)の専門外来

日光皮膚炎 (日焼け)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ