アトピー性皮膚炎アトピーセイヒフエン

アトピー性皮膚炎はどんな病気?
アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹・皮膚炎が増悪・軽快を繰り返して症状が長期間続きます。発症部位は、年齢によって異なります。顔、頚などの露出部位、肩、肘、膝、手足関節など好発しますが、頭、背部、胸部など、全身どこにでも発症してしまう病気です。悪化因子は、温度、湿度、大気汚染、日光、ホコリ、ダニ、汗、食物、化学物質、ストレスなどが多彩な悪化因子となっています。


アトピー性皮膚炎の症状
アトピー性皮膚炎の主な症状は、皮膚の炎症、肌の乾燥、激しいかゆみ等であり、アレルギー性鼻炎や気管支喘息を併発していることが多くあります。炎症は頭部にはじまり、顔面、体幹、手足と全身に広がります。皮膚炎の場合は、肌が乾燥すると、表面は白い粉を吹いたような状態になり、強いかゆみを伴います。また、赤い湿疹や結節などができ、激しいかゆみを伴います。湿潤した状態の肌からは組織液が浸出することもあります。

アトピー性皮膚炎の原因
アトピー性皮膚炎の原因は、遺伝子要因によるものや、後天的に生活環境からアレルギーを引き起こしたものなどがあります。遺伝子要因によるものは、免疫が過剰に働いてしまう体質や、皮膚の油分が生まれつき不足していて皮膚炎を起こしやすい体質が原因であり、アレルギーによるものは、家庭内での食事の内容やダニなどのハウスダストが原因となります。

アトピー性皮膚炎の検査と診断
アトピー性皮膚炎の主な検査方法は、血液検査、皮膚検査、負荷試験です。採血によりアトピーの原因を探りますが、その際に好酸球の数、IgE値、特異的IgE値、LDH、TARCの数値を調べます。皮膚検査は、スクラッチテスト、皮内テスト、パッチテストによって行われます。負荷試験は、問診や各種検査により原因と思われる物質を、少量摂取して、実際に反応が出るのかを調べる検査です。

アトピー性皮膚炎の治療方法
アトピー性皮膚炎による治療法に関しては、炎症を引き起こしている部位にステロイド系統の薬をを塗る療法が基本です。基本的に皮膚科に行って皮膚科でもらう外用薬などを駆使する事が一般的です。しかし、最近の研究で、医者に頼らずに自力で治す事も可能です。はちみつは炎症を抑える効果を持っていますが、最近の話題のはちみつを食べたり、炎症の部分に塗る事が効果的です。

アトピー性皮膚炎の初診に適した診療科目

アトピー性皮膚炎の専門外来

アトピー性皮膚炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ