心因性頻尿シンインセイヒンニョウ

心因性頻尿はどんな病気?
ストレスが重なって発症することが多い心因性頻尿は年齢に関係なく起きる病気であり若い人が発症することもあります。実際にトイレに行ってみても排尿量は少なく、本当に排尿の必要性があることは少ないのがこの病気の特徴です。空隙にトイレに行く割合が増えているのに実際の排尿量が少ない場合は、泌尿器科に行って頻尿の診断してもらいます。

心因性頻尿の症状
心因性頻尿は、膀胱などの異常からくるものではなく、こころの問題、つまり他人から何度もトイレに行くことがおかしいと思われるのではないかという、こころの不安や心配から、頻尿となってしまう症状のことです。例えば休み時間、休憩時間などには発症せず、トイレに行けない状況、トイレに行ってはいけないような状況にあったときに起こる、心因性のものです。

心因性頻尿の原因
心因性頻尿の原因は、普段のストレスや不安によるものです。例えば、会議や接待などの失敗をすることができないストレスを感じる状態や苦手なことを行うときなどに、おこります。逆に楽しいことをしているときやストレスを感じないときにはおこりません。おこるときは、ストレスを感じているときなので、ストレスを要因としておこる、精神的な病気の一種です。

心因性頻尿の検査と診断
心因性頻尿の検査方法についてですが、直接的には患者の排尿の回数が問題になるわけですが、心因性かどうかを判断するためには、それ以外の要因を排除する必要があります。心因性以外の頻尿を引き起こす因子について検査を行い、それらが陰性だった場合は心因性が疑われるわけですが、患者からの聞き取りや心理テストなどを用いることによって、最終的な判定を行います。

心因性頻尿の治療方法
心療内科で専門医からカウンセリングを受けることで、頻尿を治すことが出来ます。精神安定剤を服用することで、精神を安定した状態にして心因性頻尿を治療することが出来ます。精神を安定させることを心掛けることによって、頻尿の症状を緩和させる事が出来ます。カウンセリングによる治療法なら、手術や薬に頼ることなく病気を治すことが出来るので安全です。

心因性頻尿の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

心因性頻尿に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ