喘鳴ゼンメイ

喘鳴はどんな病気?
喘鳴(ぜんめい)とは喘息や慢性閉塞性肺疾患等の呼吸疾患の患者が呼吸の際に発する呼吸音のことで別名を乾性ラ音と言います。上気道に痰などが詰まったり、重症なアレルギー反応によって気道が狭くなったときにおこります。呼吸困難の兆候であり、子どもの場合呼吸器系の感染症にかかると息切れの前兆としておこることもあります。もっとも顕著になるのは息を吐くときですが、吸うときも起こることがあります。


喘鳴の症状
呼吸器の病気で大切な症状に、呼吸困難、喘鳴、チアノーゼがあります。他にもさまざまなものがあり、下記のことが出てきた場合は至急医療機関へ行かなくてはならないのです。呼吸パターンの異常、陥没呼吸、鼻翼呼吸、起坐呼吸頭部前屈呼吸です。呼吸が深い・呼吸が速い・肋骨の間や下、胸の中央の胸骨の上下の皮膚がへこむ・鼻の孔がふくらむ・横になると苦しく上体起こしで呼吸・唇や爪の色が紫の状態は危険な証拠です。

喘鳴の原因
喘鳴(ぜんめい)とは、呼吸する際に「ぜーぜー」「ヒューヒュー」など呼吸器から高い異常な音がする症状です。この症状の原因としては、喘息、気管支拡張症、細気管支炎、胃食道逆流疾患、肺炎、喫煙、アレルギー性鼻炎、結核などさまざまあります。しかし、患者の年齢や性別、症状の現れ方によってはほかの要因も考えられるので注意が必要です。

喘鳴の検査と診断
喘鳴の検査方法とは、患者の胸に聴診器を当て、患者に深呼吸してもらいます。患者が強く息を吐き出す際、胸から「ぜー、ぜー」「ひゅー、ひゅー」などと音がしたら患者には喘息性気管支炎の疑いがあります。また、喫煙者で一箇所から持続して聞こえる場合は肺がんの可能性もあります。また、RSウイルスやマイコプラズマ肺炎の可能性もあります。

喘鳴の治療方法
喘鳴の緊急的な治療法として、気管支が狭くなっているケースで起こりやすくなっているので、気管支が狭くなっていたら拡張する治療をします。成人に関しては、肺がんを併発しているケースもあるので、胸部のレントゲン検査によって、肺がんを確認したら、肺にあるがんを摘出する手術を行います。肺機能の検査を行って、一定の水準以下なら空気による拡張をします。

喘鳴の初診に適した診療科目

喘鳴の専門外来

喘鳴に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ