虫刺されムシササレ

虫刺されはどんな病気?
虫刺されは蚊やブヨ、ハチなどの虫に刺された事によって腫れがおきてしまう病気です。症状としては刺された箇所を中心に丸くふくれあがります。かゆみや痛みが出る事が大半です。熱を帯びている場合、かゆみがひどい場合は冷やす事によって症状を軽くする事ができ、掻いたりせずに早く治す事ができます。蚊などの虫なら市販の塗り薬を使用すれば数日で治りますが、ハチなどの毒性が強い虫の場合は病院の診療が必要です。


虫刺されの症状
虫刺されの症状としては、主に赤みがある発疹や、かゆみがあります。虫の種類やかゆみの程度は異なりますが、刺された部分の腫れが酷くなり、場合によってはそこから膿ができます。また、赤く腫れたしこりが長く残ってしまう場合もあります。軽症だとちょっと腫れて触るとかゆい程度から、重症だと激しいかゆみや赤い腫れが広がって痛みがでるなど、炎症にも差があります。

虫刺されの原因
虫刺されは大変痒みも強いですし、刺された部分は腫れ上がります。特に夏になると蚊に刺される方は沢山いらっしゃっいます。この幹部が赤くなる原因は蚊が血を吸うときに出す物質です。この物質は人の血液を体内に取り込みやすくするために血をさらさらにする役割があるのです。その物質に体が軽いアレルギー反応を起こす事により皮膚に小さな発疹が出来るのです。

虫刺されの検査と診断
虫刺されの検査方法はとても簡単です。それは、患部を見ることでわかります。虫は肌を刺すときに、針から液体を分泌します。分泌した液により、症状は色々です。例えば、蚊のように痒くなったり、毛虫のように被れたりします。なので、患部を見ることで何に刺されたかをおおよその判別ができます。なので、虫に刺された場合には、患部を確認することでわかります。

虫刺されの治療方法
虫刺されの中でも特に多いものが蚊に刺されるものです。この場合の治療法は、刺された部分のかゆい所や赤くなってしまった部分にクリーム、軟膏などを塗ることが効果的です。市販の薬でも効果があります。また、注意したいものはスズメバチに刺されたときです。毒性が強く、ショックを起こす場合があるので、すぐに病院で治療を受けることが大切です。ステロイド系の軟膏などが処方されます。

虫刺されの初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

虫刺されに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ