腎臓病ジンゾウビョウ

腎臓病はどんな病気?
腎臓病というのは、内臓器官における多種多様な病気の総称の事を言います。ですので一つに分類することは出来ません。大きく分けると、腎炎や惰性腎不全などを扱う腎臓内科や小児科に分類される病気と、腎癌や腎結石などの泌尿器科での治療が必要となる病気に分けられています。他にも腎臓に関する病気は様々に分けられていますので、これらを総称して便宜上呼称されているのです。

腎臓病の症状
腎臓病の症状は、悪化しないと気づきにくいものですが、その中でも気が付きやすいものとしては、尿の異常や浮腫があげられます。尿の異常には、血尿や膿尿などの尿の濁りや尿量の異常があり、尿量は末期になると、400ml以下になったり逆に2500mlに増えたりします。腎臓の機能が低下すると浮腫みやすくなり、顔や手足がわかりやすいですが、内臓や陰部も浮腫みます。

腎臓病の原因
腎臓病の発生原因は先天的に腎臓機能に問題を持っていての発症もありますし、あるいはウィルス感染による発症もあります。しかし、多くは生活習慣病の影響で発症することが多いです。糖尿病腎症や腎硬化症などがその例です。塩分の過剰な取り過ぎ、肥満、運動不足、ストレス、加齢などの要因が重なると当然、腎臓の疾患にかかる可能性は高くなります。

腎臓病の検査と診断
腎臓病の検査方法は、問診と尿検査が一般的です。まずは、問診をします。問診では、どの様な時期症状がでているのかを確認します。また、腎臓に負担をかけていないかどうかを確認します。次に尿検査をします。尿検査で、たんぱく質がでているかどうかでわかります。健康でも微量ですが、でていますが、病気のかたは、大量にたんぱく質がでるのでわかります。

腎臓病の治療方法
腎臓病の治療法については、薬物療法、食事療法、生活指導が行われます。薬物療法は、腎臓の炎症を抑える薬、高血圧の薬、むくみを抑える薬などが使用されます。食事療法は、腎臓に負担をかけないように、タンパク質や塩分、カリウム、リンなどの摂取を制限します。生活指導については、血尿やタンパク尿が見られる場合は、運動量を制限されます。

腎臓病の初診に適した診療科目

腎臓病の専門外来

腎臓病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ