不定愁訴フテイシュウソ

不定愁訴はどんな病気?
不定愁訴とは、イライラする、疲労感が取れない、よく寝れないなどの何となく体調が悪いという症状があるものの、病院で検査しても原因が見つからい病気の事で、自律神経失調症と呼ばれる事も多いです。症状の緩和、治療に対して有効なのは免疫力を上げたり、血行を促進させる事、また自分にかかるストレスを取っ払う事も、症状を取り除く方法と言えます。


不定愁訴の症状
不定愁訴とは突然悲しくなってしまったり、憂鬱な気持ちになったりしてしまうことです。軽く憂鬱な気持ちになるくらいなら誰にでもありますが、この病気は突然この様な悲しい気持ちになり深刻に思い悩んでしまい自殺まで考えてしまう様なところ問題があります。もし患ってしまったら迷わず精神科や心療内科を訪れてカウンセリングしてもらうことが大切です。症状の緩和を早めに行うことが必要です。

不定愁訴の原因
不定愁訴を発症する原因として、やはり一番に考えられるのは、精神的因子が関係しています。天候に左右されたり、不安感や緊張状態など、何らかの精神的不安やストレスによって現れるものです。何に負担を感じているののかを特定するのは難しいことが多いですが、必ず負担に感じていることがあるはずなので、気持ちにゆとりを持てる生活が一番重要となってきます。

不定愁訴の検査と診断
不定愁訴とは患者が訴える症状について、さまざまな検査方法を用いてもその訴える症状の原因とされる疾患が見つからない状態のことを言います。患者が訴える症状は頭痛や疲労感、不眠など多岐にわたりますが、患者が自覚症状を感じているにもかかわらず、客観的に症状が見受けられないまたは判断できかねるものです。精神的要因や甲状腺疾患によることもあるため専門医での検査を受けてみることも必要です。

不定愁訴の治療方法
不定愁訴は、医師の相談を受けづらいものですし、何より、様々な症状が見られるので、一概にこれといった治療法というものの提示は困難です。しかし、主に言われていることは、それは、副交感神経の働きを増やすということです。副交感神経は、気持ちがリラックスしているときに働きます。体を落ち着かせる、筋肉をほぐすなどして、リラックスをすることができます。

不定愁訴の初診に適した診療科目

不定愁訴の専門外来

不定愁訴に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ