鼻づまりハナヅマリ

鼻づまりはどんな病気?
鼻づまりから考えられる病気は色々あります。風邪によるものだったりアレルギー、蓄膿症なども考えられます。季節的なもので言えば花粉症もあります。鼻がつまると息がし辛く苦しいので、病院に行けるなら行った方がいいですが、無理ならドラッグストアなとで相談し鼻炎の薬を飲まれることをオススメします。そして最終的には、病院でご自分に合った薬を処方して貰いましょう。


鼻づまりの症状
鼻づまりは色々な症状を引き起こします。鼻が詰まってると鼻で呼吸が出来ないのでいびきが酷くなったりして息苦しくなり眠ることが出来ません。鼻水も止まらなくなったりするのでただ詰まっているだけではないのです。頭痛を引き起こすこともあり体調がどんどん悪くなることもあります。呼吸が上手く出来ないので鼻のつまりを解消できないと口呼吸になって息苦しさが酷くなっていきます。

鼻づまりの原因
鼻の中には鼻の特有の液体が存在していて、いわゆる鼻汁と言います。鼻汁が円滑に流れずに何らかの要因で詰まる事を鼻づまりといいます。引き起こす原因として、最も多いのが風邪による要因です。風邪を引き起こすと、ウイルスを排出するための鼻汁の分泌量が多くなって、鼻の中を詰まりやすくします。また、鼻の炎症によって詰まりやすくなります。

鼻づまりの検査と診断
鼻づまりが起こっているかどうかを調べる方法はいくつかあります。これは鼻の穴の空気の通り道が狭くなっていることを意味しますので、実際に空気を流してみて調べることができます。鼻の穴の中に向かって空気を注入し、時間当たりの空気の流れる量を観察します。それが一定量以下であれば、鼻の穴の空気の流れが悪いということになります。これが一般的な検査方法です。

鼻づまりの治療方法
鼻づまりの治療法は、その原因がなんであるかによって異なってきます。鼻の穴の中の粘膜が炎症を起こしていることによって引き起こされているのであれば、その炎症を抑えるような治療を行います。また、鼻の骨の形やその構造による何らかの問題を抱えているのであれば、形成外科的な処置、つまり手術によってそれを治療するような方法も考えられます。

鼻づまりの初診に適した診療科目

鼻づまりの専門外来

鼻づまりに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ