アナフィラクトイド紫斑病アナフィラクトイドシハンビョウ

アナフィラクトイド紫斑病はどんな病気?
アレルギー反応による紫斑で子供に多い病気です。扁桃炎などの上気道感染症にかかった後、脚、臀部に紫斑が現れるとともに、関節痛や腹痛などが起こります。腎炎を合併することもあります。


アナフィラクトイド紫斑病の治療方法
対症療法が行われますが、重症の場合は副腎皮質ステロイド薬、免役抑制薬なども用いられます。

アナフィラクトイド紫斑病の初診に適した診療科目

アナフィラクトイド紫斑病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ