色覚異常シキカクイジョウ

色覚異常はどんな病気?
色覚異常とは先天性のものと後天性のものがあります。だいたいが先天性とされています。色の区別が非常に困難またはできないとされます。一色しか判別できない一色型色覚と、二種類だけしか判別できない二色型色覚などほかにもさまざまな種類があります。男性に発症頻度が高いのが特徴です。また先天性の場合は現在の医療では治療方法はありません。


色覚異常の症状
色覚異常の症状とは、色の識別が出来なくなります。日常生活にある色が通常の人とは違うようにうつります。赤と言う色にも、オレンジに近い赤等がありますがその違いが全く分からないのです。そして信号の色が全く違う色に見えてしまうのです。この患者に色鉛筆で絵を書きますと、色の識別が出来ないために通常とは違った色を使用しての絵が出来上がります。

色覚異常の原因
色覚異常には先天性と後天性の2種類があり、その多くが先天性です。先天性は伴性劣性遺伝することがわかっています。後天性の原因としては、眼底や視神経、脳などの視覚に関係する部分の障害よって発症するものや、心因性のものがあります。その場合は、色覚の異常だけでなく、視力の低下や違和感のあるものの見え方など症状を同時に自覚することがあります。

色覚異常の検査と診断
色覚異常の検査方法にはいくつかの方法があります。最も一般的で判断しやすいものは、色相環を基に判断する仮性同色表の試験です。この方法でどの程度異常があるか判断しにくいので、色相を配列順に並べていく色相配列試験を行います。その後遺伝子の異常の程度を判定するために必要である色合わせ試験を行います。この試験によって色盲や色弱の判断をすることが出来ます。

色覚異常の治療方法
残念ながら、色覚異常の治療法は現在までには見つかっていません。そもそも、先天的な要因のため、完全に治療をするには遺伝子を治療しなければならないことになります。しかし、完治はできなくても、症状を和らげ、生活をしやすくすることはできます。色めがねをかけることによって、見える色が出てくる場合があります。また、鍼灸で色覚向上をすることも可能なようです。

色覚異常の初診に適した診療科目

色覚異常の専門外来

関連部位から他の病名を探す

色覚異常に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ