弱視ジャクシ

弱視はどんな病気?
弱視とは、眼鏡やコンタクトレンズで視力の強制が不可能である目のことを指します。原因としては、先天性の白内障といったような重い目の病気による視力の悪化や、視力の発達する幼児期に屈折異常を起こしてしまい視力が上がらなかったことなどが挙げられます。治療は可能ですが、大人になり、目の成長が止まってしまってからでは手の施しようがありません。治療を行う場合は、できるだけ幼いうちが良いとされています。


弱視の症状
乳幼児期である2歳になるまでの視力の発達が盛んな時期に、十分に視力が発達しなかったために起こる症状を弱視といいます。片方だけしか発達しなかっただけでも起こる可能性はあります。ただ単に、目が遠視という理由でそれになる可能性はありますが、眼帯をしていたという場合もそれになる可能性はあります。目の成長には光がとても重要になってくるからです。

弱視の原因
弱視とは眼鏡やコンタクトレンズをしても視力があがらない病気の事。原因は大きく2つに分かれます。1つめは先天性で生まれつきのもの。もう一つは生まれてから8歳ぐらいまでの乳幼児の間に強い遠視や斜視・屈折異常などで正常に脳に伝わらず、目の成長期に正常に機能しなくなり発達しないことによる2つがあります。近視・遠視・ゆがんで見えたり、視野が狭かったりさまざまです。

弱視の検査と診断
弱視の検査方法は、一般的な視力検査の他に、遠視、近視、乱視の有無を調べる屈折検査を行います。その他にも、ものを見る際に網膜の中心で見ているかどうかの固視検査や、斜視の有無を調べる眼位検査も行います。また、必要に応じて目薬を使った検査も行います。その後、医師による診察を行い、目の中の網膜や神経に病気がないかの確認を行います。

弱視の治療方法
子供の弱視の場合は、生後2ヶ月から8歳くらいまでの間に、視力低下の有無を発見し、視力に合った眼鏡を利用して、脳に正しい刺激を送るようにします。4歳児以上では、視能訓練士による機器を利用した訓練を行います。大人の場合は、黒い眼帯で視力が良いほうの片目を覆い、弱いほうの目を集中的に使用させるアイパッチと呼ばれる治療法などが用いられます。

弱視の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

弱視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ